スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • 空をつくる

    作/村尾亘

    1,728円(税込)

    小さな頃から、絵を描くことが大好きだった「僕」。住んでいた町は、次第に緑が消え、高い家々が建つようになった。遠くの山も、季節の花も、もう見えない。 「もっと、もっと・・・」 おいしいものが大好きなある者は、もっとたくさんの食料を置くために。帽子が大好きなある者は、もっといろいろの帽子を家に置くために。人々は、家を上へ上へと建て増しする。

  • そらの100かいだてのいえ

    作/いわいとしお

    1,296円(税込)

    ある寒い雪の日のこと。おなかをすかせたシジュウカラのツピくん。ひとつぶのひまわりの種を見つけます。「これじゃ、おなかいっぱいにはならないや・・・。そうだ! 花をさかせて、種を増やそう!」 ツピくんは、植える場所を探しに、空へと飛びたちました。

  • アリになった数学者 (たくさんのふしぎ2017年9月号)

    作/森田真生
    絵/脇坂克二

    720円(税込)

    数や図形を便利につかう方法を教えてくれるのが「算数」。「数学」とは、そもそも、その数や図形とはなにか? を考える学問です。 数学者はある日、気がつくとアリになっていました。アリたちと数学について語りあいたい数学者。丸い大きな実が七つ落ちているのを、通りかかった一匹のアリに伝えようとしました。

  • はくぶつかんのよる

    作/イザベル・シムレール

    1,944円(税込)

    だれもいなくなった夜の博物館。しずまりかえった展示室から、一ぴきの黄色いチョウがにげだします。それを合図に、標本の昆虫や恐竜の化石、はくせいの動物や鳥たちが、いっせいに目をさまして、動きだします! 夜が明けるまで、博物館はおまつりさわぎ。圧巻のナイトミュージアム。

  • 「いる」じゃん

    作/くどうなおこ
    絵/松本大洋

    1,728円(税込)

    詩人・くどうなおこさんと、漫画家・松本大洋さんが、「生」をテーマに絵本を作りました。夢のような母子共作!

  • おなみだぽいぽい

    作/ごとうみづき

    1,620円(税込)

    じゅぎょうのとき せんせいのいうこと わからなくて なみだ こぼれそうなとき あります 小さなひとも、大人になったひとも、誰にだって、ことばにできない泣きたい気持ちは、あるのです。

  • ねぇ、しってる?

    作/かさいしんぺい
    絵/いせひでこ

    1,620円(税込)

    もうすぐお兄ちゃんになる、けいたくん。お兄ちゃんってなにかな? お母さんのお手伝いをしたら、なれるのかな? 大好きなぬいぐるみのそらさんと、お兄ちゃんになる練習をしてみたり。

  • ヨチヨチ父

    作/ヨシタケシンスケ

    972円(税込)

    ママっていつもイライラしてるよね? パパって何か蚊帳の外だよね・・・? 『りんごかもしれない』でおなじみ、絵本作家・ヨシタケシンスケさんが、父になってわかった「トホホな真実」を描く育児イラストエッセイ。はじめてお父さん・お母さんになる方へのプレゼントに。まさに「はじめて」真っ最中のひとたちに。クスッと笑えて、楽になります。

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • 神谷美恵子 島の診療記録から

    著者/神谷美恵子

    1,512円(税込)

    ハンセン病患者に寄り添い続けた精神科医・神谷美恵子さん。瀬戸内、国立療養所長嶋愛生園での経験、自らの幼少期の体験や子育てを通じてつむぎ出されることばの、なんとたおやかであることか。

  • デザインの仕事

    著者/寄藤文平

    1,404円(税込)

    好きなことを仕事にするって、どういうこと? 何かを作り出す仕事って、どういうこと? イラスト、デザイン、広告から装丁まで、多彩に活躍する寄藤文平さんの体験的仕事論が、木村俊介さんによる聞き書きで一冊の本に。 いろいろなことに言えることだと思いますが、 弱点には多様性が宿る面があります。

  • 星戀

    著者/野尻抱影/山口誓子

    777円(税込)

    星の和名収集研究で知られる天体民俗学者・野尻抱影。戦後の俳句界を牽引した俳人・山口誓子。星を愛し、星座の動きに子どものようにこころ躍らせる二人が、天空を眺めながら交わしあった随想と俳句を収める随想句集。

  • 野生のおくりもの

    著者/早川ユミ

    1,728円(税込)

    布作家・早川ユミさんが語る、「野生」とは。ユミさんが本能的に惹かれる土器や神事、アイヌや縄文のくらしからまなぶこと、直感を信じて生きる魅力的なひとびとについて、ダイナミックに綴るエッセイ集。挿画、装丁も含め、本全体から野生がほとばしる。

  • 楽しい星空入門

    作/永田美絵

    907円(税込)

    古代より人間は、星から多くの情報を得て暦をつくり、想像力たくましく神話を語り継いできた。ストーリーを楽しみながら、雨季や洪水の時季、種まきや収穫といった農作業のタイミング、狩りや旅の針路、戒めの寓話や歴史を伝承するなど、生活に必要な知恵も星から学んだ。

  • タラブックス

    著者/野瀬奈津子/矢萩多聞/松岡宏大

    2,376円(税込)

    南インドの出版社「タラブックス」。手漉きの紙に、シルクスクリーンによる手刷りの印刷、製本はすべて人の手によって行われる。発注から納品まで1年かかってしまうこともあるスローな生産スピードにもかかわらず、いまや数万部のベストセラーをいくつも抱える。タラブックスの美しい本は、世界中の本好きを魅了し、ボローニャ・ブックフェア・ラガッツィ賞をはじめ、数々の賞を受賞している。

  • つるとはな 第5号

    著者/岡戸絹江(編集人)

    1,404円(税込)

    人生の先輩たちは、いつも前を向いています。『つるとはな』 5号は、90歳以上の人生の先輩方が多数登場。最高齢は104歳。どの方も自律した精神の持ち主で、こちらの背筋がピンと伸びます。

  • ナリワイをつくる

    著者/伊藤洋志

    734円(税込)

    個人レベルではじめられ、自分の時間と健康をマネーと交換するのではなく、やればやるほど頭と体が鍛えられ、技が身につく仕事。それを 「ナリワイ」(生業) と、著者・伊藤洋志さんは呼ぶ。生活と遊びの中から年間30万円程度の、他者と競争しない「ナリワイ」を複数つくり、生計を組み立てていく方法論。 仕事も、ほしい物も、自分でつくるのは面白い。

tumblr

pagetop
×