スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • はかれないものをはかる

    作/工藤あゆみ

    1,728円(税込)

    数字でははかれないけれど、確かに存在するもの。感情の温度、大切なひととの距離、願いや希望の重み。はかろうとすることは、そこにある本質に少しだけ近づこうとすること。49の「はかれないもの」を、詩とユーモラスな絵で紡ぎ出す絵本。岡山県生まれ、イタリア在住のアーティスト、工藤あゆみさんの同名の自作アーティストブックが絵本になりました。日本語、イタリア語、英語の3か国語併記。

  • はかれないものをはかるひと

    著者/ハタノエリ 工藤あゆみ
    絵/松本紀子(写真)

    972円(税込)

    観るひとのこころに、ゆっくりと沁み込むアーティスト・工藤あゆみさんのメッセージ。その作品の優しさに惚れ込んだライター、デザイナー、フォトグラファーの3人がタッグを組んで制作した、工藤あゆみさんの魅力に迫る小さな本(zine)。あゆみさんの作品にいつも描かれる「あのひと」は人間? 動物? いったい何?

  • はかれないものをはかる + はかれないものをはかるひと(2冊セット)

    作/工藤あゆみ/ハタノエリ 工藤あゆみ

    2,700円(税込)

    工藤あゆみ『はかれないものをはかる』(青幻舎 刊) と、その魅力に迫るzine 『はかれないものをはかるひと』(襟巻編集室 刊) の2冊セット。

  • 世界を変えた100人の女の子の物語

    著者/エレナ・ファヴィッリ / フランチェスカ・カヴァッロ

    2,592円(税込)

    大きな夢をもち 高いところをめざして がんばろう もし心ぼそくなったら、思いだして だいじょうぶ、あなたはまちがっていない

  • やまのかいしゃ

    作/スズキコージ
    絵/かたやまけん

    1,620円(税込)

    会社員のほげたさん、今日も朝寝坊。昼過ぎに電車に飛び乗ると、ラッシュアワーは終わっていました。おむすびを食べようと思ったら、足にはトイレのスリッパを履いてきたことに気付きます。眼鏡やかばんも、持ってくるのを忘れました。電車は、会社とは反対方向へ。

  • さとやまさん

    作/工藤直子
    絵/今森光彦(写真)

    1,620円(税込)

    ひとが住む街と、山や深い森の間にある、里山。はるか昔より、ひとは里山を頼りとし、一緒にねと手入れをし、ありがとうと友だちにしてきた。本書は、そんな里山を「さとやまさん」 と擬人化し、親しい存在として語りかける絵本。

  • ツリーハウスがほしいなら

    作/カーター・ヒギンズ
    絵/エミリー・ヒューズ

    1,512円(税込)

    ツリーハウスが ほしいなら まずは ゆったり あわてずに さあ そらを みあげよう。 そして おもいうかべてごらん。

  • マルコとパパ

    作/グスティ

    3,024円(税込)

    絵なら やぶりすてられる。 消して、もういちど かきなおしてもいい。 だけど、子どもは・・・ ほんものの子どもは そうはいかない。

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • 海うそ

    著者/梨木香歩

    799円(税込)

    昭和のはじめ、人文地理学の研究者・秋野は、現地調査のため南九州の遅島へ赴く。かつて修験道の霊山があった遅島。豊かで変化に富んだ自然。病を治したり、探し物を当てたり、死者の伝言を伝えたりする「モノミミ」と呼ばれた者たちの存在。「島の山が恋しくて」帰島した青年・梶井との出逢い。地図に残された「海うそ」ということば。「僕はそういうものこそ、ひとの精神の豊かさの現れと、思っているのですがね」

  • モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

    著者/内田洋子

    1,944円(税込)

    かつて、籠いっぱいの本を担いで、イタリア中を旅した行商人たちがいた。彼らのおかげで各地に書店が生まれ、「読むということ」が広まった。行商人たちはみな、イタリア・トスカーナの山深い村の出身であった。その村の名は、モンテレッジオ。

  • 魂の秘境から

    著者/石牟礼道子
    絵/芥川仁(写真)

    1,836円(税込)

    代表作『苦海浄土』で水俣病を告発し、世界文学に昇華した石牟礼道子さんが、闘病中に語った、水俣・不知火海の風景の記憶と幻視の光景。朝日新聞に3年にわたり連載されたエッセイを収録した、最晩年の肉声。

  • うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK3

    著者/服部みれい

    1,620円(税込)

    自然療法でからだから美しくなる。目に見えない世界と向き合って、こころや魂から美しくなる。マーマーマガジン主宰・服部みれいさんご自身の生き方の変遷を通して考えた渾身の書。

  • 極北へ

    著者/石川直樹

    1,728円(税込)

    カナダ、アラスカ、グリーンランド、ノルウェーなど北極圏とその周辺地域「極北」。写真家・石川直樹にとって、20歳の時に登頂した、アラスカの象徴であり北米大陸最高峰のデナリ山は、すべての旅の「原点」だった。 極寒の地に生きる人々の暮らし、厳しくも美しい自然への畏怖。人間の野生を呼び覚ます圧倒的な世界との出会いを、瑞々しい文章で綴る長編エッセイ。

  • 主よ 一羽の鳩のために 須賀敦子詩集

    著者/須賀敦子

    1,944円(税込)

    没後20年にして新たに発見された40数篇の詩。須賀敦子さん30歳の頃に綴られた魂のことばは、彼女が詩人としての類い稀な才能を持っていたことを明らかにする。手書き原稿も掲載。凛とすることば。解説・池澤夏樹。

  • 猪熊弦一郎のおもちゃ箱

    著者/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(監)

    2,916円(税込)

    「いのくまさん」 香川ではそう呼ぶひとが多いという、画家・猪熊弦一郎さん。その名は知らずとも、三越の包装紙を目にしたことのあるひとは多いはず。「華ひらく」 と題された包装紙は、いのくまさんと「アンパンマン」の作者、やなせたかしさんのコラボレーションによるものです。

  • 二十一世紀民藝

    著者/赤木明登

    2,592円(税込)

    塗師、赤木明登さん。季刊誌『住む。』での連載「名前のない道」の中から、主に民藝に関する文章を集録、訂正増補した新解釈の「民藝」論が、本書『二十一世紀民藝』である。

tumblr

pagetop
×