スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • せかいいちの いちご

    作/林木林
    絵/庄野ナホコ

    1,944円(税込)

    ある日、シロクマのもとに届いた一粒のいちご。生まれてはじめて食べる一粒のいちごに、シロクマはうっとり。 それから冬が来るたびに、届くいちごの数は年々増えます。でも、いちごの数が増えるほど、減っていくのは・・・!?

  • 青い海をかけるカヌー(たくさんのふしぎ2019年3月号)

    作/堀内孝(文・写真)
    絵/牧野伊三夫

    720円(税込)

    アフリカの島国・マダガスカルには、モーター付きの船も、車も持たず、カヌーを使ってくらす「ヴェズ」というひとびとがいる。 「まっ白な帆をはったカヌーが ゆっくりと走っていきます。 エンジンをつかわず、 風と人の力だけで走る姿は、 とても気持ちよさそうです」

  • ピッピ 南の島へ

    著者/アストリッド・リンドグレーン
    絵/イングリッド・ヴァン・ニイマン

    1,782円(税込)

    ピッピは「ごたごた荘」で、今日も元気。トミーとアニカはもちろん、町のひとたちもピッピとすっかりなかよしです。ある日、ピッピのもとに手紙が届きました。 「わしの愛するピッピロッタ... わしはおまえをむかえに行って、しばらくのあいだ、 クレクレドット島へつれていこうと思っとるのだ。

  • こんとん

    作/夢枕獏
    絵/夢枕獏

    1,728円(税込)

    名前がないので、誰でもない。誰でもないから、何にでもなれる。それが、こんとん。六本の足を持ち、六枚の翼を持つけれど、目も耳も鼻も口もない。いつも空を見あげ笑っている、こんとん。

  • さくらもちのさくらこさん

    作/岡田よしたか

    1,058円(税込)

    さくらもちのさくらこさん、なぜだかご機嫌ななめ。「あ~ つまんない つまんない。ぜーんぜん おもしろない。たのしいこと なーんも ないわ」

  • ピッピ 船にのる

    著者/アストリッド・リンドグレーン
    絵/イングリッド・ヴァン・ニイマン

    1,782円(税込)

    ピッピはなかよしのトミーとアニカといっしょに、今日も元気に大活躍! ニイマンの挿絵と新訳によるシリーズ2作目。

  • あしながおじさん

    著者/ジーン・ウェブスター
    絵/安野光雅

    2,376円(税込)

    「すてきなことがおこりました。あててみる? でもあたりっこない! 」 100年以上にわたって世界中で読みつがれてきた名作が、詩人・谷川俊太郎さんの訳と、画家・安野光雅さんの絵によって、新たな生を吹き込まれました。

  • Michi

    作/junaida

    2,484円(税込)

    背中を向け、足を踏ん張って立つ子ども。小さな一歩を踏み出そうと決心した、その行く手には、まっ白な道が、どこまでも伸びている。その先に待ち受ける、不思議な町の数々! 本でできた町、大きな木の中の町、宇宙に浮かぶ町、おばけがいっぱいいる町・・・。

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • まなざしが出会う場所へ

    著者/渋谷敦志

    2,160円(税込)

    「その眼に射抜かれることもある。 その眼に挫折することもある。 それでもなお、お前は何者なんだ、と 厳しく問いつめる眼に自分を開いておくこと。 見つめ、見つめられ、 まなざしが交差する十字路が、 ぼくのカメラのレンズに映っている。 そこに近づけるだろうか。

  • イスラムが効く!

    著者/内藤正典・中田考

    1,728円(税込)

    イスラム地域研究者の内藤正典さんと、イスラム法学者でムスリム(イスラム教徒)である中田考さん。おふたりが、イスラムという宗教の根底にある思考や知恵について、身近な日常の問題を例にあげながら、語り合いました。

  • MONKEY vol.17 哲学へ

    著者/柴田元幸(編集)

    1,512円(税込)

    翻訳家・柴田元幸が編集長をつとめる文芸誌『MONKEY』。いい文学とは何か? ひとのこころに残ることばとは何か? その先の生き方を探りながら、小説を通して、今私たちが住む世界の魅力を伝える文芸誌です。最新号vol.17、特集は「哲学へ」。その深遠なる世界の扉をはじめて叩きます。

  • アルテリ 七号

    著者/田尻久子(責任編集)

    1,080円(税込)

    熊本の文芸誌『アルテリ』。石牟礼道子さんがお亡くなりになってちょうど一年。第七号は、渡辺京二さんへの二万字インタビューを掲載。 --- 渡辺さんが石牟礼さんから得たものってありますか? 「民衆生活が何かというものを教えてもらった。 日本の民衆の精神世界がどういうものかというのを 初めて教えてもらった。 それは非常に大きかった。 それは僕だけじゃないだろう。」

  • 濃霧の中の方向感覚

    著者/鷲田清一

    1,944円(税込)

    危機の時代、先の見えない時代において、ほんとうに必要とされ、ほんとうに信じられる知性・教養とはなにか? それは、視界の悪い濃霧の中でも道を見失わずにいられる「方向感覚」のこと。複雑性の増大に耐えうる知的体力をもち、迷ってもそこに根を下ろしなおすことのできるたしかな言葉と出会う。社会、政治、文化、教育、震災などの領域において、臨床哲学者がみずからの方向感覚を研ぎ澄ませながら綴った思索の記録。

  • 早く家へ帰りたい <新装版>

    著者/高階杞一
    絵/望月通陽(挿画)

    1,728円(税込)

    愛する子どもが、重い障害をもって生まれてきた日。そして、その永眠のときまで。一冊の本のなかに、子どもの命がみずみずしく描かれた、感動的な詩集。

  • 樹木希林 120の遺言

    著者/樹木希林

    1,296円(税込)

    とにかく、 世の中を面白がること。 老いだって、 病気だって 自分の栄養になる。

  • ユージン・スミス写真集

    著者/W. ユージン・スミス

    2,700円(税込)

    生きている動き、生きている世界、その面白さ、その悲劇を追求し、あるがままの人生をとらえた写真家、ユージン・スミス。雑誌 『ライフ』のフォト・エッセイ「カントリー・ドクター」 「スペインの村」 「助産師モード」 「慈悲の人」をはじめ、日本を取材した「太平洋戦争」 「日立」、世界に公害の恐怖を知らしめた 「水俣」 ほか作品148点を収録。

tumblr

pagetop
×