スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

日本人にとって自然とはなにか

9784480683571

日本人にとって自然とはなにか

著者/宇根豊
出版社/筑摩書房
サイズ/224ページ 17.5*10.5cm
発行(年月)/2019年7月

販売価格 ¥ 928(本体 ¥860)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

なぜ野の花を見るのか

日本人はなぜ自然が好きなのか。近代的自然観や、百姓の体験に根ざした自然への見方から日本人独特の自然観を明らかにし、新しい自然へのアプローチを提唱する。


  「ひとつひとつの生きものや風景は目の前に見えますが、
  自然は見えません。頭のなかに現れるだけです」


  「毎年毎年、田植えをし、田まわりをし、稲刈りをし続けると、
  身体の中に生きものへのまなざしが蓄積され、
  知らず知らずに(無意識に)生きものも守っているのです。
  なぜなら、天地の恵みを受け身で...(中略)
  とにかく受けとめるのが百姓の伝統的な感覚なのです」


<目次より>
第1章 自然はどう見えているのか
第2章 生きものへのまなざし
第3章 「自然」という言葉の不思議さ
第4章 自然を守るという発想の混乱
第5章 自然の見方、感じ方
第6章 自然の新しい見方は始まっている 
  

tumblr

pagetop
×