スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

世界はたくさん、人類はみな他人

9784780310382

世界はたくさん、人類はみな他人

著者/本橋成一
出版社/かもがわ出版
サイズ/144ページ 19*13cm
発行(年月)/2019年8月

販売価格 ¥ 1,728(本体 ¥1,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

大切なのは、自分とは違う相手を認めること

写真家、映画監督として、半世紀にわたり「いのちを見つめること」を作品の根底に据え続けてきた本橋成一さん。「不便の豊かさ」について語り、「共生とはなにか」「多様性とはどういうことか」を問う、はじめてのエッセイ集。31点のエッセイに1点ずつ添えられた写真から、読むものに鋭くもあたたかな問いが投げかけられる。


  「いまの時代は、誕生も死も、
  いのちにかかわることはベールをかぶせてしか伝えていない。
  いや、ベールをかぶせてしまったのはそれだけではない。
  食も排せつも性も、闘争心があることまでも、
  その本質を隠そうとする。
  地球上の生きものすべてが
  何十億年のいのちのつながりでいまここに存在しているのに、
  人間だけが生きものではないような顔をしている」


  「パラリンピックもいいのだが、
  いわゆる健常者と同じような競技をつくるのではなく、
  彼らの能力を引き出す新しい競技がもっと増えるといいと思う。
  健常者の記録に近づいていくことを目指すのではなく、
  もっと別のものさしがあっていい。
  そして、そんな競技に健常者も混ざってみれば、
  どれほど彼らの能力がすごいかがわかるだろう」 (本文より)

tumblr

pagetop
×