スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

murren vol.17

CH003001

murren vol.17

著者/若菜晃子
出版社/murren編集部
サイズ/47ページ 13*18cm
発行(年月)/2015年6月

販売価格 ¥ 540(本体 ¥500)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

特集:壺と私

「街と山のあいだ」をコンセプトに、
身近な自然と人間との関わりを綴る小冊子『ミューレン』。

17 号の特集は「壺」。
「壺」と「山」は一見、関係が薄いように思えますが、
壺の多くは焼きものであり、その素材は土。
山から採れた土を使って、作られてきました。

「壺」を通して、山と土の関係と、
土を道具に変えて使ってきた人々の営み、
はるかなる時の流れに思いをはせます。
今、足もとにある土という自然が、
形を変えて、私たちの生活の中にいることに気づかされます。

内容:
壺と人 壺と私/壺と瓶と甕/美濃の壺/木原家の壺
山と壺 丹波篠山の壺/高知能茶山の壺/岩国の銭壺
時と壺 郷土資料館に壺を見に行く/壺中一天地/土と壺/キプロスの壺など


「キプロスの壺」 と題された一節より。

 自分のつくりたいものを追及して、
 誰とも口を利かず、小鳥の声のする場所で、
 土をこねて形にして焼いて、
 それが人の使うものになるなんて、
 すばらしいことではないか。
 それは4000年以上前から、
 人間が営々と続けてきた行為なのだ。

tumblr

pagetop
×