スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

わたしと霊性

9784582838114

わたしと霊性

著者/服部みれい
出版社/平凡社
サイズ/304ページ 18.5*13cm
発行(年月)/2019年9月

販売価格 ¥ 1,650(本体 ¥1,500)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料190円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

すごくあやしい。でも、すごくたのしい。

目に見えない力がもたらす豊かさとは。「マーマーマガジン」編集長・服部みれいが自身の原点を綴った、現代に暮らす若いひとたちの未来を明るくするあたらしい随筆集。

不思議体験、各種セラピー、前世療法、自然、動物、植物、表現、超能力、死、カルマ論、タオイズム、宗教、非二元論、女性性、星、大天使、愛、祈り、敬虔さ…。一見あやしげで、遠ざけられがちなものを、著者は映画や手芸やゴルフといった趣味と同列の、豊かなたのしみであり、自分のものの見方に自由をもたらしたい、と語る。

  「あたらしい時代は、目に見えない世界も、
  目に見える世界同様の価値を、
  トンデモでもあやしくもない方向で認知する、
  また政治や宗教や権威とも結びつかず、
  人々が個人的に霊的な世界をたのしみ味わう、
  そんな時代になると
  霊性に充ち満ちた田舎町の山々にまぎれながら、
  勝手に妄想し、予見している。」


  「女性や女性性のことを考えるときに、
  とにかく揺らぐ。…(中略)
  『こうだ』と決めてしまえる内容じゃないと思う。
  善悪正邪を超えた、揺れの中に、
  いつも答えめいたものがゆらゆらと揺れている」


  「忍耐やがまんや忖度や遠慮や気遣いじゃない、
  卑下や高慢さやこだわりみたいなものからじゃない、
  こんなふうな『やらない』という態度に、
  わたしは現代の行いのうつくしさを見る」 (本文より)


<目次より>
わたしの中の祖父 輪の中の祖父
思うからあるのか あるから思うのか
デイリーな霊感
わたしと霊性
シンクロニシティ
シンクロニシティ2
行楽日和
霊夢
ドーパミン1から見る世界
自分自身を体感する
手放す
前世の記憶
なにが神秘かって
あたらしい魔女のはなし
霊性に充ち満ちる山あいの町にて思うこと
植物たちとのまじわり
川と地球の愛について
愛としての犬、そして猫

最近読んだ本
精神世界コーナー
あるものは、ある

忘れてしまうようなこと
表現とは何か
わたしが、わたしを、わたしする
器のはなし
サイキック
死について想う
エドガー・ケイシーを読んでいると
宗教について
反転
喜び、喜べ!
つかれる はずれる
連綿と繰り返している
一元化する世界で
統合の世界
子どもの繊細さと霊的な意味
ふるふると揺れる
わたしたちはどこからきたのか
大天使とタルパを呼ぶ
現代の日々の霊性とは
愛について思うこと
5次元情報と愛への移行
祈りについて思うこと
現代における敬虔さとは

tumblr

pagetop
×