スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

コトノネ vol.32

9784907140304

コトノネ vol.32

出版社/株式会社コトノネ生活
サイズ/108ページ 25.5*18cm
発行(年月)/2019年11月

販売価格 ¥ 1,100(本体 ¥1,000)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料190円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

できることが仕事になり、できたところがゴールになる

誰もが「生きづらく」、その中に「生きるよろこび」を求めて生きている。コトノネは、障がい者の「働く姿」を通して、「生きるよろこび」を伝える雑誌。vol.32号の特集は、「認知症なの。よろしくね」と言える町へ。

巻頭スペシャルインタビューには、山本太郎、木村英子、舩後靖彦、れいわ新選組の3人。2019年7月の参議院選挙で、重度障がいをもつ2人の議員が生まれた。障がい者だから、当事者だからできることとは、なんなのか。障がい者が、「国政を、ひらく」。新連載「身障者、いがらしみきお」は、デビュー40年、漫画家・いがらしみきおがはじめて描く、身体障がい者としての自分のこと。


  「内職だと ...(中略) どうしても上下関係が生まれてしまう。
  でも農業って、相手が自然だから、
  自分が得意で利用者さんの方が苦手ということが、
  全くないんだよね。
  職員の植えた種だけが、芽を出すなんてことはない。
  そういう関係がフラットなところが、すごく気持ちいい」


<目次より>
■コトノネグラビア
■ウンチの祈り
■巻頭スペシャルインタビュー障害者が、「国政を、ひらく」
■新連載自然栽培パーティ「コトノネファームに、ようこそ」
おもしろい農業をしよう
■特集1 「認知症なの。よろしくね」と言える町へ
■コトノネ観光課その10
二人で、一人暮らし
グッドライフ編
■連載「ぶっちゃけインタビュー」28
最首悟(和光大学人間関係学部名誉教授)
星子よ、頼ってばかりで、ありがとう
■特集2発酵、ブクブク
■連載「『脱福祉』から『超福祉』へ」29
ちいさくて、かしこい農業の話
和氣數男(百姓百品グループ)
■シリーズ障害者の就労事例31
警備員の星


- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『コトノネ vol.31』
『コトノネ vol.30』  

tumblr

pagetop
×