スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

天、共に在り

9784140816158

天、共に在り

著者/中村哲
出版社/NHK出版
サイズ/260ページ 19.5*13.5cm
発行(年月)/2013年10月

販売価格 ¥ 1,760(本体 ¥1,600)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料190円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

己の分限を知り、誠実であれ

困っている人がいたら手を差し伸べる --- それは普通のことです。

1984年よりパキスタン、アフガニスタンで支援活動を続ける医師・中村哲。治療のために現地へ赴いた日本人の医者が、なぜ1600本もの井戸を掘り、25.5キロにもおよぶ用水路を拓くに至ったのか?「天」(自然)と「縁」(人間)をキーワードに、その数奇な半生をつづった著者初の自伝。


  「物騒な電力に頼り、
  不安と動揺が行き交う日本の世情を思うとき、
  他人事とは思えない。…(中略)
  今ほど切実に、
  自然と人間との関係が
  根底から問い直された時はなかった。
  決して希望なき時代ではない。
  大地を離れた人為の業に欺かれず、
  与えられた恵みを見出す努力が必要な時なのだ」


<目次より>
第1部 出会いの記憶1946~1985(天、共に在り/ペシャワールへの道)

第2部 命の水を求めて1986~2001(内戦下の診療所開設/大旱魃と空爆のはざまで)

第3部 緑の大地をつくる2002~2008(農村の復活を目指して/真珠の水ー用水路の建設/基地病院撤収と邦人引き揚げ/ガンベリ沙漠を目指せ)

第4部 沙漠に訪れた奇跡2009~(大地の恵みー用水路の開通/天、一切を流すー大洪水の教訓)

tumblr

pagetop
×