スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

コトノネ vol.33

9784907140328

コトノネ vol.33

出版社/株式会社コトノネ生活
サイズ/108ページ 25.5*18cm 
発行(年月)/2020年2月

販売価格 ¥ 1,100(本体 ¥1,000)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料190円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

2020年3月7日(土) 「コトノネ33号」刊行記念 コトノネ編集長×松村圭一郎 トークイベントを開催します。詳細は、当ホームページ内「イベント」をご覧ください。

変な人から、名前を持ったひとりの人になる

コトノネは、障害者の「働く姿」を通して、「生きるよろこび」を伝える雑誌。この世には「障害者」も「健常者」もいない、おなじ人がいるだけ。誰もが「生きづらく」、その中に「生きるよろこび」を求めて生きている。


  「これから先
  何が起こるかわからない日本の中で、
  何があったとしても、
  ちゃんと人とつながりを持って、
  困ったときには助けてくださいって言える。
  そのつながりを持っておけばなんとかなる。
  このなんとかなる感が、
  すごく大切だと思ってるんです」


  「システムを変えるときに、
  大勢とは違う価値観や
  その価値観を持つ人の存在が
  むしろ大切なんです。
  世の中を誰がよくしてきたかって、
  逸脱者なんですよ。
  ルールを破る人」


<目次より>
■コトノネグラビア0*
「わたし」になるという選択
■特集1 イーハトーブの先生
■連載 自然栽培パーティ「コトノネファームに、ようこそ」2
「ありがとう」の実る畑
■連載「ぶっちゃけインタビュー」29
松村圭一郎(文化人類学者)
■島の福祉
■コトノネ観光課 その11
農福連携で、おなかいっぱい
NPO法人縁活 おもや編
■特集2 金賞の村
■連載「『脱福祉』から『超福祉』へ」30
自分で、もいで、つかんだ「人権」は、どんな味ですか
三井絹子(ライフステーションワンステップかたつむり)
■シリーズ 障害者の就労事例32
介護の星

tumblr

pagetop
×