スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

道子の草文

9784582838282

道子の草文

著者/石牟礼道子
出版社/平凡社
サイズ/280ページ 19.5*13cm
発行(年月)/2020年2月

販売価格 ¥ 2,750(本体 ¥2,500)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

なんで遊びに行きよったんでしょうか

『花びら供養』『綾蝶の記』に続く、渡辺京二編集の遺文集。十代から二十代にかけての鋭敏かつ凶暴なまでの瑞々しい感性が横溢する未発表短編小説や日記から、『苦海浄土』の一部草稿、晩年の日常を書きとめた随筆まで、近年新たに発見された原稿の数々。石牟礼道子資料保存会提供の未発表短篇小説を含む散文を、年代順に収録。


  「もう一度、風土が呼吸するというか、
  呼吸する風土、歌っている風土、
  生命たちを舞わせている風土、
  人間という風土、
  人間が風土にならなければだめだと思う」


  「人間が精霊に変身する世界がなくなれば
  生命が絶えるというか、
  世界は消滅する」


編者である渡辺京二のあとがきが胸に迫る。「道子さん、すみませんが、私に出来るのはここまでです」

tumblr

pagetop
×