スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

有権者って誰?

9784005009176

有権者って誰?

著者/藪野祐三
出版社/岩波書店
サイズ/160ページ 17*10.5cm
発行(年月)/2020年4月

販売価格 ¥ 880(本体 ¥800)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

人間に必要な3つの「ワーク」とは

選挙権年齢が18歳に引き下げられ、中高生に向けた主権者教育が求められています。本書は、若い世代が自らを選挙の当事者として考えるきっかけとなるように「有権者」を切り口に、選挙のしくみや意義をわかりやすく解説します。有権者には何が求められているのか、社会に参加するとはどのようなことなのかを学ぶための一冊です。


<目次より>
第1章 有権者には4つのタイプがある
 1 市民には4つのタイプがある
 2 有権者にも4つのタイプがある
 3 それぞれのタイプを評価してみる
 4 あなたはどのタイプ?

第2章 浮動票という言葉が使われた時代があった
 1 時代を振り返ってみる
 2 政党や政治は利益誘導を基本とする
 3 有権者の支持政党はあまり変化しなかった
 4 浮動票に変化が現れた

第3章 無党派層が現代日本の政治を支配している
 1 有権者の支持政党は固定化しなくなった
 2 政党も多党化してきた
 3 受け皿が欲しい
 4 あなたも無党派ですか

第4章 有権者をとりまく社会は流動化している
 1 教育は流動化している
 2 居住地の流動化が始まった
 3 社会は急激に個人化している
 4 「コンビニ文化」で地域は同質化している

第5章 選挙の前に足元の社会を知る
 1 無知に気づく
 2 地域を学ぶ
 3 地域の課題に出会う
 4 投票のすすめ

tumblr

pagetop
×