スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

チョウはなぜ飛ぶか

9784001142518

チョウはなぜ飛ぶか

著者/日高敏隆
出版社/岩波書店
サイズ/262ページ 17.5*12cm
発行(年月)/2020年5月

販売価格 ¥ 836(本体 ¥760)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

アゲハは、仲間から道を教わるのだろうか

小学生のころ、ぼくはおもしろいことに気がついた。どうしてアゲハは同じ道を飛ぶんだろう? 少年はやがて研究者となりチョウの行動のふしぎを解きあかしていく。なぞを追って、世界を知るのはたのしい。動物行動学者が夢中で調べて見たこと感じたことを、失敗談もまじえて子どもたちに語る。装画・解説=舘野鴻。


<目次より>
Ⅰ チョウのと飛ぶ道
芽生(めば)えたぎもん
新しい観察仲間(かんさつなかま)
観察(かんさつ)への再(さい)スタート
夏のチョウ道は春とちがっていた
大学の農場で
チョウ道をもつチョウと、もたないチョウ

Ⅱ オスとメス
オスはメスをどうしてみつけるか──モンシロチョウ
アゲハチョウの場合
オスをひきつける縞(しま)もよう
ストライプ・モデル
かぎになる刺激(しげき)はなにか

Ⅲ 色とにおいの意味
オスとメスの区別(くべつ)はどうしてつけるのだろう
緑色のもつ意味
産卵(さんらん)のめじるし

あとがき

〈エッセイ〉
 思っていたこと 思っていること
 今なぜナチュラル・ヒストリーか?

「なぜ」の発見  舘野鴻(たてのひろし)

tumblr

pagetop
×