スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

虫とゴリラ

9784620325804

虫とゴリラ

著者/養老孟司、山極寿一
出版社/毎日新聞出版
サイズ/240ページ 19*13cm
発行(年月)/2020年6月

販売価格 ¥ 1,650(本体 ¥1,500)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

人間が変えているということを、人間が知らない

希望と滅亡。未来はどっちだ!? 〈虫とゴリラ〉の目で、人間の世界をとらえ直す。情報化社会の中で、コンピューターに支配されつつある現代日本人に、生物界からの緊急提言。野生の感覚をとぎすまし、人間の危機を乗り越えろ。列島誕生から1500万年。解剖学者と霊長類学者が語りつくした、この国の未来像。


  養老 いまの日本社会は、
  「感じない人」を大量生産しているんじゃねえか、
  っていう気がしてしょうがない。

  山極 いや、そう思いますよ。
  受動的な人間ができちゃうんです。
  実際、そうなりつつありますけどね。 
  さっきから、好奇心だとか言ってるのは、
  常識を破るところに人間の面白さがあって…


<目次より>
はじめに 共鳴する世界
第一章  私たちが失ったもの
第二章  コミュニケーション
第三章  情報化の起源
第四章  森の教室
第五章  生き物のかたち
第六章  日本人の情緒
第七章  微小な世界
第八章 価値観を変える
エピローグ 日本の未来像
あとがき 虫とゴリラの旅


- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』
『ゴリラからの警告』 

tumblr

pagetop
×