スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

花森安治選集1

9784766002164

花森安治選集1

著者/花森安治
出版社/暮しの手帖社
サイズ/500ページ 20*14cm
発行(年月)/2020年5月

販売価格 ¥ 3,960(本体 ¥3,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料520円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

美しく着ることは、美しく暮すこと

戦後直後の激動の昭和において、『暮しの手帖』の初代編集長・花森安治が、ペンの力で庶民の暮しをより良くしようと提言してきた散文、随筆、評論、コラムから厳選収録した選集全3巻を刊行。1巻では、花森が敗戦後すぐに服飾評論家として世に出たころの「衣」を中心とした稀有な著述で構成。服飾デザインとは何か、身だしなみや着こなし、色彩感覚の大切さ、装いの基本を読者に伝えるとともに、ユーモラスな調子と時に毒をも持って説いた「ほんとうの美しさ」とは何か。花森安治の「衣」を通じた美学がつまった一冊です。


<目次より>
Ⅰ章 『スタイルブック』と『衣裳』
おしゃれ心に灯を点けよう
スタイルブック 1946夏巻頭言
スタイルブック 1946秋巻頭言 
働くひとのスタイルブック 特集号巻頭言 
つくろうより、作ることを考える 
デザイン読本 1 
デザイン読本 2 
デザイン読本 3  
デザイン読本 4  
デザイン読本 5 
資料: 「衣裳の会」が生まれます  
コラム: はじまりは、『スタイルブック』から 
Ⅱ章 『美しい暮しの手帖』創刊
――花森安治の「衣粧」哲学 
暮しの手帖巻頭言  
暮しの手帖あとがき  
『服飾の読本』  
コラム: 『美しい暮しの手帖』創刊 
コラム: 創刊号のファッションページ 
Ⅲ章 衣裳研究所から暮しの手帖社へ
ほんとうの美しさは、真実の暮しから
風俗の手帖 1 
続服飾の読本 1 
続服飾の読本 2
続服飾の読本 3 
続服飾の読本 4
続服飾の読本 5
暮し方の研究 2 お金の上手な使い方 
解説 学習院女子大学名誉教授・増田美子
コラム: 花森安治の履歴書
資料: 花森安治と『暮しの手帖』年譜

tumblr

pagetop
×