スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

本屋さんしか行きたいとこがない

CH017-002

本屋さんしか行きたいとこがない

著者/島田潤一郎
出版社/岬書店
サイズ/144ページ 18*12.5cm
発行(年月)/2020年6月

販売価格 ¥ 1,100(本体 ¥1,000)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

自分の手で手繰り寄せて出会った本。

本屋さんに通い続けた、ひとり出版社の3年間の思考錯誤。本書は、夏葉社 島田潤一郎さんが、2つの連載を一冊にまとめたもの。「本の雑誌」2017 年 1 月号〜2018 年 12 月号での連載 「本屋さんしか行きたいとこがない」は、ふだん雑誌などであまり取り上げられない「ふつうの本屋さん」を毎月とりあげた連載で(計 24 回、ボツ原稿入れて計 25 書店)、「望星」で 2019 年 3 月から連載中の「本のゆくえ」は、出版業界に対する思いを、だれも読まないことをいいことに、自由に率直につづったもの。それらをまとめ、加筆修正し、冒頭には、「かつて図書館のフリーペーパーに寄稿し、いまもすごく気に入っている原稿「アンネの日記」を加えました」。

2つの連載は、島田さんの著書『古くてあたらしい仕事』の執筆とほぼ同じころに書かれたもので、「これらの連載をとおして、ぼくは自分の考えをまとめていきました」。

- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『ブックオフ大学ぶらぶら学部』 

tumblr

pagetop
×