スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

北欧の森のようちえん

9784756501455

北欧の森のようちえん

著者/リッケ・ローセングレン
訳者/ヴィンスルー美智子、村上進
出版社/イザラ書房
サイズ/180ページ 22.5*18.5cm
発行(年月)/2020年4月

販売価格 ¥ 2,970(本体 ¥2,700)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

手でつかむ、そして理解する

自然は、子どもたちがさまざまなことを試しながら成長できる絶好の環境です。この本では、なぜ自然が子どもの発達のために健康的で刺激的な学習環境だと言えるのか、その理由に迫ります。

子どもが生来持っている好奇心と、動きまわることへの自然な欲求について、また、日々子どもたちの発達を支える適切な枠組みを、私たち大人がどのように創り出すかについて、詳しく述べられています。リスクを伴う遊びをすること、自然の中で感覚を刺激されることは、子どもの健康を促進し、学びを支える基礎を作ります。自然は、子どもの健康的な発達に不可欠なものなのです。シュタイナー幼児教育理念と森の幼稚園が初めて出会うデンマークでの実践の書。


■序章
読書の手引き
デンマークにおける森のようちえんの歴史
森のようちえん「こども島ボンサイ」

■第1章
子どもにとって大切な自然・運動・野外生活
人間が自然の中にあるということ
自然欠乏症候群
体が動くとき脳が発達する
「こころ惹かれること」が呼びさます、自然の回復効果
一般の幼稚園と「森のようちえん」-子どもの発達の違い
注意力・運動能力の発達と模倣について
子どもは体で考える
ことばの発達と野外生活の密接な関係
幼児教育の枠組みに自然を取り入れる

■第2章
自然を全体の枠組みとした幼稚園
子どもの発達に重要な四大元素との関係




子どもの感覚への四大元素のはたらき
自然の中の自由遊び
自然は空想の一番の味方
手で掴む、そして理解する
危ない遊び
枝を使った乱暴な遊び――止めなければならない時
共同体と社会生活
自然の中で、周りの大人はどうあるべきか
適切な静けさを作り出す
よく見える安全な居場所を野外に作る
森のようちえんの新入園児
保護者の経験、保護者の課題
保護者の役目
森への送迎バス
3歳未満児の野外活動
入学にむけての準備
学校が始まってからも自然との関係を保つ

■第3章
シュタイナー森の幼稚園の教育
一年のリズムと自然
四季の祝祭
リズムの重要性
週のリズム、一日のリズム
遠足
移行の時
野外と屋内のバランス
すべての感覚を毎日使う
本物の感覚体験が子どもの脳を発達させる
ナイフを使って木を削る
デジタルメディアとスクリーンタイム
森のようちえんの、模倣に値する大人
庭の可能性

■第4章
自然を楽しむには―空腹でなく・凍えず・濡れない
食事
たき火
睡眠と休息
休息とマインドフルネス
衣類
リュックサック
衛生とトイレ

■第5章
自然と野外生活を中心にした幼稚園を創る
幼稚園をとりまく環境
感覚を豊かにする空間
発達と新たな知識のために熟考し続けること

■第6章
自然の中の子ども、子どもの中の自然
自然は生涯の友だち
街中で自然を見つけて利用する
自然は学びの場―子どもにとっても、大人にも

あとがき
詳細資料
参照文献

tumblr

pagetop
×