スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

国道3号線

9784907986735

国道3号線

著者/森元斎
出版社/共和国
サイズ/272ページ 19*12.5cm
発行(年月)/2020年8月

販売価格 ¥ 2,750(本体 ¥2,500)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

未来とは、なんだろうか。

九州はなぜ「こう」なのか。彼女ら彼らはどのように抵抗し、反撥してきたのか。鹿児島の西南戦争を起点に、水俣裁判、サークル村、筑豊炭鉱、米騒動、はては神話世界へと国道3号線を北上しながら、国家に抗う民衆の諸相を描く地誌的思想史。宮崎八郎、宮崎滔天、石牟礼道子、緒方正人、谷川雁、火野葦平らの群像から、《思想/運動としての九州》が浮上する。

<目次より>
はじめに

第1章 新政府か反動か、あるいは……西南戦争・山鹿コミューン・アジアの革命
    西南戦争/宮崎八郎の二段階革命と山鹿コミューン

    寄り道[1]中国の革命へ
 
第2章 水俣病と悶え
    水俣病とは何か/悶え加勢すること/手ざわりの言葉

    寄り道[2]緒方正人『私はチッソであった』――言葉が生まれるとき
   
第3章 炭鉱と村
    サークル村/原点は存在する/「原点」/村を捨て、村に出会う/二つの「村」

    寄り道[3]谷川雁における集団と組織
    寄り道[4]伝習館裁判
  
第4章 米騒動
    朝鮮よ、九州の共犯者よ/沖仲仕たちと米騒動/戦中から戦後へ

    寄り道[5]北九州の古層
  
おわりに 思考の行方――この世に根付くこと

tumblr

pagetop
×