スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

炉辺の風おと

9784620326504

炉辺の風おと

著者/梨木香歩
出版社/毎日新聞出版
サイズ/296ページ 19.5*13cm
発行(年月)/2020年9月

販売価格 ¥ 1,760(本体 ¥1,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

生き抜きましょう、私たち。

他の誰でもない、自分の生を生きていく。

大転換の時――八ケ岳での山小屋暮らし、鳥や植物、小動物との交流から〈新たな日常〉を探る地球視線エッセイ。心身の真芯に響く美しい文章で思索を誘う。


<目次より>
第一章 山小屋暮らし

山の深みに届く生活
火のある風景
遅い春・早い初夏 
風の来る道   
ストーブの話    
長く使われるもの


第二章 巡りゆくいのち  

深まっていくもの  
更新される庭     
冬ごもりの気持ち  
養生のこと     
南の風


第三章 鳥の食事箱        

野生と付き合う   
リスのこと
植物と仲良くなり、ときどき食べる 
時間が止まり    


第四章 いのちの火を絶やさないように

滲み出る本質    
滞りが生まれてしまう
少しずつ、育てる


第五章 遠い山脈

秘そやかに進んでいくこと 
日常が甦る     
遠い山脈      
生命は今もどこかで 
右往左往のただなかに在ること 

tumblr

pagetop
×