スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

ちゃぶ台6 特集:非常時代を明るく生きる

9784909394422

ちゃぶ台6 特集:非常時代を明るく生きる

出版社/ミシマ社
サイズ/190ページ 19*13cm
発行(年月)/2020年11月

販売価格 ¥ 1,760(本体 ¥1,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

ああなにか、地殻変動がきているなあ

「生活者のための総合雑誌」として、今号よりリニューアル。第6号特集は、「非常時代を明るく生きる」。非常事態が日常となった今、「正しい道」ではなく、「息のしやすそうな道」を見つけるために。土井善晴、藤原辰史、松村圭一郎、益田ミリ、町屋良平ほか、豪華ラインナップでお届けします。

「非常時代を生きる。非常時代を明るく生きる。そう腹をくくってしまえば、あとは、やることがはっきり見えてきます。どこに住んでいようと、何歳であろうと、どんな属性に区分されようと、あらゆる人たちが生活者であることだけは免れないはずです。生活者として日々を生きる。明るく生きる。複雑な事象を暴力的にわかりやすくしたりせず、しっかり粘り強く、考えつづけていく。本誌が皆さんのそうした日々のそばにあることを願ってやみません。」(編集長 三島邦弘)

<目次より>
益田ミリ のび太と遊んだ空き地
土井善晴 地球とAIと人間
藤原辰史×松村圭一郎 分解とアナキズム
町屋良平 猫の顎のしたの三角のスペース
中村明珍 土と子と木と水と火、形が似てる
齋藤陽道 時間が残った
平川克美 止むを得ず贈与経済。 変わるものと、変わらないもの、変えられるものと、変えられないものについて
渡邉麻里子(タルマーリー) なるべくお金を払うようにしたい
猪瀬浩平 さびしい社会、にぎやかな世界
前田エマ 習字のこと
高橋久美子 約束/夜の手紙
中田兼介 いきものを見る目 サマースクールを終えて
木村俊介 「文藝」編集長・坂上陽子さんインタビュー
榎本俊二 ギャグマンガ家山陰移住ストーリーPART5
春日太一 時代劇聖地巡礼は突然に
内田健太郎 暮らしと浄土 JODO & LIFE
松村圭一郎 国家なき社会の政治リーダー考――はじめてのアナキズム(2)

- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『縁食論』
『縁食論』+『ちゃぶ台6』2冊セット

tumblr

pagetop
×