スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

今日という日を摘み取れ  渋谷敦志写真集

CH019-003

今日という日を摘み取れ 渋谷敦志写真集

著者/渋谷敦志
出版社/サウダージ・ブックス
サイズ/320ページ 21*15cm
発行(年月)/2020年11月

販売価格 ¥ 3,080(本体 ¥2,800)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料520円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

突然、降りかかった未知のウイルスによる感染症の世界的流行(パンデミック)という災禍が、人と人とを物理的にも精神的にも引き離すいまこそ、「ここではないどこか」へ臆さずに移動し、他でもない「あなた」と対面する営みを写真行為の出発点にすえなおし、意志を持って「人びとのただ中へ」と踏み込むことの意義を問い直したいと思う。
——渋谷敦志


「人と人とのあいだに分断する境界線を引くのではなく、共にいられる場所を開いていくことはできないだろうか——」。世界各地の紛争や飢餓や児童労働、災害の現場を取材し、どんなに困難な状況の中でも生きようとする人間の尊厳を撮影してきた写真家の集大成となる作品集。アフリカ、アジア、東日本大震災以後の福島、ヨーロッパの難民キャンプなどを旅しながら、人間を見つめ、人間から見つめ返されるまなざしの十字路の情景を記録した、約220点の写真と4編のエッセイを収録。タイトルは、古代ローマの詩人ホラティウスの名言「今日という日を摘み取れ Carpe Diem」より。


<目次より>
人びとのただ中へ

Ethiopia
Palestine
Osaka, Japan
China
Angola
Cambodia
Indonesia
East Timor

隔離の中の生

Brazil
Bangladesh
Thailand / Myanmar
Bangladesh
Nepal
Pakistan

まなざしの十字路

Fukushima, Japan
Somalia / Kenya / Ethiopia
Rwanda / Burundi
Uganda
South Africa
South Sudan / Uganda / Ethiopia / Kenya
Sudan
Nigeria
Greece

旅のスケッチ——2019.8—2020.9

tumblr

pagetop
×