スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

資本主義を乗りこえる

9784540201776

資本主義を乗りこえる

著者/内山節
出版社/農山漁村文化協会
サイズ/124ページ 19*13cm
発行(年月)/2021年3月

販売価格 ¥ 1,210(本体 ¥1,100)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

「大きければいい」時代の終わり

際限なく利潤を追求する資本主義経済が暴力的に台頭し、今日の荒廃した世界をつくりだしている。そもそも資本主義とはどのような経済なのか。それは伝統的な経済とどう違うのか。農業や共同体と資本主義の関係は? これらを平明に解き明かしたうえで、おカネに振り回されない、自然や共同体とともにある経済のかたちを構想する。その蓄積を一番もっているのは、農業だ。自然と人間の関係、労働や共同体をめぐる独自の思想を構築してきた哲学者・内山節が、2018年2月に開催された「東北農家の二月セミナー」にて語った新しい経済論。


<目次より>
序文 資本主義の終わりが意識される時代のなかで
第1講 労働と交換、流通
地域内交換経済について
「働き方改革」をめぐって
地域外への流通について
今日の農業――二つの方向
古い農業への回帰も
第2講 資本主義的経済とは何か
貨幣の自己増殖をめざす経済
資本主義の自滅を食い止めてきたものは何か
今日の荒廃した資本主義
資本主義のメカニズムと人々の気持ち
討論から――地域通貨について
第3講 ほどほどの市場経済を模索する動き
ともにある経済の形
利他の社会の思想的伝統
農業が発信できるもの
第4講 今日の経済について
経済指標が有効性を失っていく
これまでの常識が通用しない


- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『民主主義を問いなおす』
『新しい共同体の思想とは』

tumblr

pagetop
×