スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

くらしのための料理学

9784144072673

くらしのための料理学

著者/土井善晴
出版社/NHK出版
サイズ/120ページ 21*15cm
発行(年月)/2021年3月

販売価格 ¥ 737(本体 ¥670)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

「学びのきほん」シリーズ 4冊まで同一送料210円で発送可能です。複数冊をご注文の場合、システム上、一旦別の送料が計上されますが、発送時に修正いたします。

野菜が気持ちよさそうにしているな

その道40年、集大成にして入門の書。私たちの一番身近にある「料理」。生きていくうえで欠かせないからこそ、毎日の食事を作ることにプレッシャーや負担を感じてしまう。しかし、料理の「そもそも」を知り、暮らしの意義と構造を知ることができれば、要領よく、力を抜いて「ちゃんとできる」ようになる。日本人は料理を、どのように捉えてきたのか。古来より受け継がれてきた美意識や自然観、西洋との比較などを通して私たちと料理との関係性をひもとく。料理を通して見えてくる「持続可能なしあわせ」「心地よく生きていくための道筋」とは何か。NHK「きょうの料理」でもおなじみの著者が、いまの日本の料理のあり方を考え抜いた末に提示する、料理と暮らしの新しいきほん。


- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍:学びのきほんシリーズ>
『自分ごとの政治学』
『はみだしの人類学』
『「読む」ってどんなこと?』
『からだとこころの健康学』

tumblr

pagetop
×