スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

もう革命しかないもんね

9784794972668

もう革命しかないもんね

著者/森元斎
出版社/晶文社
サイズ/272ページ 19*13cm
発行(年月)/2021年5月

販売価格 ¥ 1,870(本体 ¥1,700)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

アナキストは、畑を耕す人たちが多い

DIY = 平和な工作活動⁉ からだを動かしながら考えよう。革命の最前線は<日常>にあり。里山に移住した哲学者・アナキストによる実践的ゆるゆる「生活の哲学」入門講座。

「さて、どうしようか。お金はあっても生きていけるが、なくても生きていける。どこへ行っても、その人が必要とされ、その人の能力が発揮されるであろう場所は、ある」

福岡のとある里山地域に移住した著者は、どのように「生活」を哲学=行為していったのだろうか。拠点づくり/食料の確保/活動資金の得方/料理/日常のずらし方/お金の秘密/子育てと教育etc… 日常に根差した哲学を実践的、かつ等身大のことばで語る、革命日誌。


<目次より>
はじめに
第1章:家探し――まず、拠点をつくる
第2章:農作業――食料を確保する
第3章:仕事――活動資金を得る
第4章:料理――活きる力を養う
第5章:旅行――ぶっ飛んで日常をずらす技法
第6章:カネとリャク――この世の仕組みを考える
第7章:音楽――music unites everything?
第8章:映画――日常を脱構成せよ
第9章:本――言葉で戦え
第10章:子育てと教育――革命を「育成」するということ
第11章:革命――自分の居場所を作るということ
第12章:家探し、再び――ずれて、拠点を作り、またずれる
あとがき

tumblr

pagetop
×