スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

山の仕事、山の暮らし

9784635047487

山の仕事、山の暮らし

著者/高桑信一
出版社/山と渓谷社
サイズ/384ページ 15*10.5cm
発行(年月)/2013年3月

販売価格 ¥ 1,026(本体 ¥950)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

失敗の連続が現在に繋がっています。

ゼンマイ採り、猟師、蜂飼い、漆掻き。
日本各地で、山で生きる19人の市井の人々の姿を追った。
十年の歳月をかけての記録は、山からひとが去っていく時代の変化をも映し出す。

<目次より>
1 只見のゼンマイ取り
2 南会津の峠の茶屋
3 川内の山中、たったひとりの町内会長
4 檜枝岐の山椒魚採り
5 足尾・奈良のシカ撃ち
6 只見奥山、夫婦径
7 奥利根の山守り
8 会津奥山の蜂飼い
9 仙人池ヒュッテの女主人
10 檜枝岐の雪が極めたワカン作り
11 越後山中に白炭を焼く暮らし
12 谷川岳・遭難救助に捧げた半生
13 尾瀬・冬物語
14 森のひとの、夢を育むヒメサユリの花
15 岩手・浄法寺町の漆掻き
16 朝日・飯豊の山々とともに生きる
17 西上州、猟ひと筋の人生
18 さすらいの果てに黒部に環る
19 秩父の天然水に魅せられた半生

tumblr

pagetop
×