スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

PIHOTEK 北極を風と歩く

9784065283165

PIHOTEK 北極を風と歩く

作/荻田泰永
絵/井上奈奈
出版社/講談社
サイズ/32ページ 20*30cm
発行(年月)/2022年08月

販売価格 ¥ 3,080(本体 ¥2,800)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

彼らは知っている。この世界での生き方を。

北極をたった一人で歩く”僕”の一日。頬を叩く風、北極での生き方を知る動物たち、空から降りる暗闇、そして……。北極を歩く”僕”を追体験できる、命と死を感じる美しい絵本。「植村直己冒険賞」受賞の極地冒険家、荻田泰永の文章と、「世界で最も美しい本コンクール」銀賞受賞の井上奈奈の美しい絵が、極北の大地の空気を見事に再現。

「たった一人、北極を歩いている。
 命を支える道具
 食料を積んだソリを引きながら、進んでいく。
 氷のきしむ音が遠くでひびく。揺れ動く氷の海。
 歩けども、歩けども、足元はながされていく。」(本文より)

「環境問題とは数字の問題ではない。命の問題だ。自分の命はもちろん、隣にいる大切な人の命であり、会ったこともない遠い土地の誰かの命であり、時代も異なる動物の命のことだ。……(中略) 北極を冒険することは、生きることだ。そして、死を感じることだ。その死とは、誰かの命であり、いつの日か自分の体も分解されて、空に舞い、風に吹かれて誰かの命にたどり着く。」(巻末エッセイより)

pagetop
×