スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

ふたりからひとり

9784916110466

ふたりからひとり

著者/つばた英子・つばたしゅういち
出版社/自然食通信社
サイズ/260ページ 20.5*15cm
発行(年月)/2016年11月

販売価格 ¥ 1,944(本体 ¥1,800)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

最後はスマートに逝きたいね

70種の野菜と50種の果樹に囲まれたキッチンガーデン。老いていく身体への負担を工夫した道具たち。山を削った造成地に丸太小屋を建てて木を植え、土を耕し、自分流に手間ひまをかけて、ていねいに生きてきたつばた英子さんとしゅういちさん。

ふたりの積み重ねてきた半世紀の歳月は、前著『ききがたり ときをためる暮らし』で脚光を浴びた。それから4年。その後のふたりの日々。そして、しゅういちさんの他界。

 どうやって生きていけばいいだろう。
 とても不安になりましたよ、そのときは。
 いまはもう、ふっきれた。

 いままでどおり、
 同じように毎日をやっていくよりしょうがないわって。

ひとり暮らしへと踏み出した英子さんの、愛らしくも潔い89歳の毎日を、本書はやさしく見守ります。


- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『ときをためる暮らし』 
『あしたも、こはるびより。』 
『ひでこさんのたからもの』

tumblr

pagetop
×