スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

昭和の店に惹かれる理由

9784903908885

昭和の店に惹かれる理由

著者/井川直子
出版社/ミシマ社
サイズ/280ページ 19*13cm
発行(年月)/2017年1月

販売価格 ¥ 2,052(本体 ¥1,900)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

その、なんか正しい感じに私は憧れる

「昭和」の時代。戦争、高度経済成長、バブル・・・。激動の時代の中で、ある者は先代からの店を守り、ある者は自らの店をはじめる。

時を経て、今も残る「昭和の店」に惹かれた、著者・井川直子さん。その理由を求めて、店主たちに話を聞きました。移りゆく時代の中で、彼らが大切にしてきたものとは、一体何でしょう。現代を生きる私たちに、働くこと、生きることの価値観を問いかける、渾身のノンフィクション。


 「まず、嘘は駄目でしょ。こういうおでんのような気軽なものでも、
  ちゃんとしたものを売る。ならぬことは、ならぬ。
  何ごとも正直でないと困るってことね」


 すぐできる、早い、短い、スピーディ。私たちは常に急ぐことを求められ、
 そして求める。それの何が怖いかと言うと、「早い」がすべていいことだと
 信じて疑わなくなることである。
 「みんな待てなくなっている。でも食べものに関してその考えは、
  非常にリスクを冒すことになります」


<目次より>
第一章 とんかつ とんきの「型」
第二章 シンスケの「距離」
第三章 鶴八の「窓口」
第四章 尾張家の「ならぬ」
第五章 鳥福の「狭」
第六章 天ぷら はやしの「不器用」
第七章 スヰートポーヅの「逆行」
第八章 田楽屋の「主張」
第九章 カフェ・ド・ランブルの「異端」
第十章 BAR ル・ヴェールの「非合理」

tumblr

pagetop
×