スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

食の思想

9784309025636

食の思想

著者/小林カツ代
出版社/河出書房新社
サイズ/200ページ 17.5*11.5cm
発行(年月)/2017年4月

販売価格 ¥ 1,188(本体 ¥1,100)

購入数 

カートに入れる

食べつづけてゆく、ということ

 一人でも『家庭料理』と思いたいけれど、
 一人暮らしを家庭と呼ぶかどうか。
 家族とでもいいし、
 一人が自分のためだけの、
 個人が楽しむために作る料理でもいいし。
 うちで作ってただ食べるそのことを
 なんて呼べばいいかなァ。

小林カツ代さん。お亡くなりになって後も親しまれ続ける、戦後日本を代表する料理研究家であるカツ代さんが、「家庭料理」 「人生と食」 「女性と家庭料理」 について語る。食との向き合い方を、しみじみ考えさせてくれる。

 老いるというのは、一人になること。
 だったら、最初から、自分は一人だって、
 わかっていればいいんだと思う。

老いに向かって簡素な生活にしていくには、孤立することを恐れずに生きること、と言うカツ代さん。それは個人の料理のスタイルのみならず、国家レベルでも同じであると説く。

 何年か前は、おにぎりなんて、
 誰がにぎっても同じだと思い込んでた。
 でも、そうじゃないのね。
 三人にぎれば、三人とも違う味がする。
 そして、そのうち一人だけ
 ほんとうにおいしいおにぎりを作るひとがいるとすると、
 それはもう握り方だけの問題じゃない。
 「気」なんですって。

食べること。食べ続けてゆくこと。それは、平和であり、どう生きるか、ということでもあるのだ。


<もくじ>より

第一章  日常茶飯
 スリムに老いる
 ひと皿盛りのススメ
 「今」だからこそ、この料理
 本当のことはひとつじゃな
 戦場(?)で教わったこと
 ヤーダヘンだ!!
 ひらめき、いちばん!
 「おいしい」知識
 宇宙の法則、自然の力
 これ、素朴なギモンです
 料理は「気」から
 ヤダァ

第二章 小林家の料理哲学
 小林カツ代&ケンタロウのキッチン対談
 毎日のご飯おいしく食べたいね!

第三章 私の料理はどこからきたか
 講演 自然が教える私の料理

第四章 食べつづけてゆくということ
 一貫性なき話
 『海からの贈物』
 川と水と私
 ほんとにおいしいもの
 金魚すくい
 いるだけで
 今思うこと(一九九五年春)

tumblr

pagetop
×