スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

アリになった数学者 (たくさんのふしぎ2017年9月号)

15923-09

アリになった数学者 (たくさんのふしぎ2017年9月号)

作/森田真生
絵/脇坂克二
出版社/福音館書店
サイズ/48ページ 25*19cm
発行(年月)/2017年8月

販売価格 ¥ 720(本体 ¥667)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

あなたには数がわかるんですか?

数や図形を便利につかう方法を教えてくれるのが「算数」。「数学」とは、そもそも、その数や図形とはなにか? を考える学問です。

数学者はある日、気がつくとアリになっていました。アリたちと数学について語りあいたい数学者。丸い大きな実が七つ落ちているのを、通りかかった一匹のアリに伝えようとしました。

「ナナツの実? きいたことないわね。とにかくアスパラの実を運びましょう」

アリに人間の「数」は理解されるのか!? 気鋭の数学者・森田真生さんのお話は、まるで哲学のよう! 数を通して、この世界をどう理解するか。これまで体験したことのない数の世界へようこそ。

tumblr

pagetop
×