スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

デザインの仕事

9784062206624

デザインの仕事

著者/寄藤文平
出版社/講談社
サイズ/208ページ 17*12cm
発行(年月)/2017年7月

販売価格 ¥ 1,404(本体 ¥1,300)

購入数 

カートに入れる

「整理してない」デザインの本

好きなことを仕事にするって、どういうこと? 何かを作り出す仕事って、どういうこと? イラスト、デザイン、広告から装丁まで、多彩に活躍する寄藤文平さんの体験的仕事論が、木村俊介さんによる聞き書きで一冊の本に。


 いろいろなことに言えることだと思いますが、
 弱点には多様性が宿る面があります。


 本ってどういうふうにあると良いだろうかっていう、
 根本的な問いかけが、日を追うごとに、
 自分の目の前に迫ってきているように感じます


 「追いかけるものがあるのなら
 自分は大丈夫な存在と思えるから」
 と、目の前にある、誰かが用意したレールを
 夢と定めてしまうこともあると思うんです。
 (中略)
 若い人は、既存のわかりやすいレールに乗らず、
 不安であることにもっと肯定的になっても
 いいのではないでしょうか。


<目次より>
●第一章 デザインの仕事をはじめた時
父と一緒にデッサンを描いた原点/学生時代から、博報堂で働きはじめる/人には相談しにくい悩みとどう付き合うのか/横山光輝の『豊臣秀吉』が心の支えだった/独立した時に、何を「売り」にすればいいのか…

●第二章 デザインの仕事はどう変化してきたか
デザインとプレゼンをめぐる社会の変化/土日と夜中に作った「大人たばこ養成講座」/マナー広告の際にデザインした「ピクトグラム」…

●第三章 アイデアはどのように形にしてゆくのか
絵やデザインを成長、成熟させるということ/作る時間が二割、考えを「待つ」時間が八割/スランプはランダムな信号のようにやってくる/外部の人との連携も、制作することの一端である/枯葉が落ちてきて、シーツをふわっとさせるように

●第四章 ブックデザインの仕事とは何だろうか
ブックデザインとは「批評」である/やり直しの話し合いではどうにじり寄っていくか/日本語を使ってデザインするということ…

●第五章 デザインの仕事を継続するということ
デザインは「秩序を考える学問」のような面もある/年長者も年少者も同じスタートラインに立つ時代…

tumblr

pagetop
×