スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

偶然の装丁家

9784794968487

偶然の装丁家

著者/矢萩多聞
出版社/晶文社
サイズ/288ページ 18*13cm
発行(年月)/2014年5月

販売価格 ¥ 1,620(本体 ¥1,500)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

なんでもない場所で、なんでもないことを手渡したい

「いつのまにか装丁家になっていた」。中島岳志さんや森まゆみさんの著作をはじめ、数多くの「本の顔」、すなわち装丁を手がける矢萩多聞さん。学校や先生になじめず中学1年で不登校、14歳からインドで暮らし、専門的なデザインの勉強もしていない。ただ絵を描くことが好きだった多聞少年は、どのように本づくりの道にたどり着いたのか?

 日々の暮らしのなかの小さな出来事を
 型にはめて理解するのではなく、
 もっと大きなふかぶかとした流れのなかで受け入れる。
 何を信じ、どう生きていても、
 ゆるがないものがある。
 ゆるぐものがあるとすれば、それは人間だけ。
 「自分がよいと思ったことを受けいれ、信じなさい」
 という言葉がヒンドゥーにはある。


 ふつうに暮らしている人は社会に順応できている人だと
 一括りにしていたけれど、
 彼らにもそれぞれ悩みがあり、楽しみがある。
 ぼくは「社会」という言葉にとらわれるがあまり、
 目の前の人たちの物語を無視していた
 自分の姿に気がついた。
 そのとき世界の見え方はガラリと変わった。

本書は、いわゆるHow to本では決してない。多聞さんの生き方を通して見えてくるのは、与えられた場所やひととの出逢いの中で、身の丈にあった「居場所」を見つけることの大切さ。仕事においても、社会においても、ほがらかに生きていく方法は無限にある、と教えてくれる。

tumblr

pagetop
×