スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

灯をともす言葉

9784309021959

灯をともす言葉

著者/花森安治
出版社/河出書房新社
サイズ/200ページ 19*13.5cm
発行(年月)/2013年7月

販売価格 ¥ 1,404(本体 ¥1,300)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

ぼくには、一本のペンがある。

「美」について、「世の中」について、「暮し」について、「戦争」について・・・。雑誌『暮しの手帖』初代名物編集長・花森安治さんのことばは、時代を超えて、物事の本質を貫きます。


<国をまもる>とか、
<国益>とかいいます、
そのときの<国>という言葉には、
ぼくらの暮しやいのちは
ふくまれていないはずです。


昨日そうしたから
今日もそうする
ひとがそうしているから、
じぶんもそうする。
それはらくかもしれないが、
それでは
生きてゆく甲斐が
ないのである。


この服は高いのよ、と教えるかわりに、
この色は美しいでしょう、
この生地は丈夫なのよと教える、
それがやがてコドモの心に、
真実の美しさを見わける力を
育てるのである。


ぼくらの暮しを、まもってくれるものは、
だれもいないのです。
ぼくらの暮しは、けっきょく、
ぼくらがまもるより外にないのです。
考えたら、あたりまえのことでした。
そのあたりまえのことに、気がつくのが、
ぼくら、すこしおそかったかもしれませんが、
それでも、気がついてよかったのです。

tumblr

pagetop
×