スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

この世は落語

9784480434616

この世は落語

著者/中野翠
出版社/筑摩書房
サイズ/352ページ 15*10.5cm
発行(年月)/2017年9月

販売価格 ¥ 950(本体 ¥880)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

人間ってものはねぇ

ノンキで、愚かで、愛すべきひとびとが登場する落語。ヒトの愚かさのいろいろを、呑気に受けとめ笑い飛ばしてしまう落語54作品の魅力を、30年来の「落語ファン」である著者・中野翠さんが綴る、最良の落語案内。登場人物を著者自らが描いたイラスト多数。


「お酒と玉子焼きのかわりに、お茶とたくあんで花見に練り出す『長屋の花見』とか、鍋一つない部屋の壁に絵を描いて、家財道具に囲まれて暮らす”つもり”になる『だくだく』などなど、貧乏を「風流」という美意識にまで高めている(笑)。・・・(中略) いま、とっても嫌な言葉で「勝ち組・負け組」というのがあるけれど、世の中を損得でしか考えられない、ものすごく視野の狭い、貧しい発想だと思うんです。落語に出てくる貧乏な人たちより、「勝ち組」のほうが考え方にしても美意識にしても、私には一段も二段も”貧しく”見えてならない」


<目次より>
1 男と女
2 江戸的人情
3 遊びごころ
4 珍談奇談
5 人生いろいろ
6 騒動勃発
対談・京須偕充×中野翠 日本のオトナ教育には「落語」がよろしいようで…

tumblr

pagetop
×