スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

私たちの星で

9784000612173

私たちの星で

著者/梨木香歩、師岡カリーマ・エルサムニー
出版社/岩波書店
サイズ/176ページ 19.5*14cm
発行(年月)/2017年9月

販売価格 ¥ 1,512(本体 ¥1,400)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

共感の水脈へ

 何か道があるはずだと思うのです。
 自分自身が侵食されず、
 歪んだナショナリズムにも陥らない
 「世界への向き合い方」のようなものが、
 私たちの日常生活レベルで。

イスラームのことを学びたい、とはじまった往復書簡。端正な作品で知られる作家・梨木香歩さんと、多文化を生きる類い稀なる文筆家・師岡カリーマ・エルサムニーさん。お二人の邂逅から生まれた、人間の原点に迫る対話は、なんとスリリングであることか。

ムスリムのタクシー運転手、厳格な父を持つユダヤ人作家との出会い、カンボジアの遺跡を「守る」異形の樹々、かつて正教会の建物だったトルコのモスク、アラビア語で語りかける富士山、南九州に息づく古語や大陸との交流の名残・・・。挟み込まれるエピソードから縦横無尽に広がる思索の海。読み進める内に、世界がどんどん開かれていくようなこころ持ちになる。

 違う文化を拒絶せず、
 黙って受け入れた経験を、たくさん持ては持つほど、
 ひとの「寛容」はどんどん鍛え抜かれていき、
 そのことがきっと、私たちを「同んなじ」家族
 (趣味嗜好が違うおじいさん世代、
 孫世代が互いに干渉しない、
 でも互いの存在は認めている、という理想の・・・)にする、
 という観測は、あまりにもナイーヴな楽観主義でしょうか。

tumblr

pagetop
×