スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

きのう、きょう、あした。

9784391149760

きのう、きょう、あした。

著者/つばた英子、つばたしゅういち
出版社/主婦と生活社
サイズ/160;ページ 21*15cm
発行(年月)/2017年11月

販売価格 ¥ 1,512(本体 ¥1,400)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

手間ひま惜しんだら、もう寝たきりよ

89歳、はじめての一人暮らし。英子さんの新しい菜園生活がはじまります。しゅういちさん亡き後、何をするにも虚しく感じていた英子さん。食べることもおろそかになり、キッチンガーデンもなおざりに。すっかり時が止まってしまいました。

本書は、英子さんが本来の前向きな気持ちを取り戻し、暮らしのペースを元通りに立て直すまでの、秋から夏までの1年間をおいかけたもの。自身の力で新しい暮らしを切り開き、明日へ向かって生きていく英子さんを動かしたものは?

 今の便利すぎる暮らしが、
 なんだかおかしい気がするのよね。
 いちばん大事なことは
 いつの時代もかわらないと思うけれど。
 毎日のことは、こつこつとていねいに
 細かく積み重ねたいわね。

<目次より>
●英子さんとしゅういちさん

●ようこそ、つばた家へ
まずは、お茶をどうぞ
手間ひまかけた手料理でお客さまをおもてなし
少しだけ便利に新しく
キッチンガーデンも始めました

●あたらしい朝がきた
目方が減った
まっすぐな廊下と蛍光灯
しゅういちさんの陰膳1
時が動きだす
お父さんを受け継ぐ
昭和36年、36歳のころ

●あきふゆ
10月。干し柿をつくる
秋のキッチンガーデン
1月。雪の朝
冬のキッチンガーデン
2月。春の気配
英子さんの器
秋冬のおもてなし

●暮らしを取り戻す
映画が公開
畑とシエスタがおろそかに
しゅういちさんの残したもの
始末の暮らし
英子さんの一日
そろそろ靴下でも編もうかね

●英子さんのお菓子と料理
栗タルト
蒸しパン
こしあんとお汁粉
さくらんぼのロールケーキ
ホームベーカリーでパンを焼く
おやき
ぶりの煮物
治部煮
鶏肉のトマト煮込み
朝食の野菜スープ
あじフライ

●きのうからあしたへ
時をためるということ
夫婦のこと、家族のこと
食べること、暮らしのこと

●はるなつ
春のキッチンガーデン
3月。種をまく
ジャムとゼリー
初夏のキッチンガーデン
7月。ハブ草の植え替え
英子さんの器
春夏のおもてなし

●ちいさなノルマを毎日
お布団の中であしたを考える
暮らしはちいさく積み重ねる
水は毎朝、汲み置く
食卓を守る冷凍
肉類はすぐに小分け冷凍
野菜がないときは海苔で代用
まいにち洗濯、まいにちアイロン
お正月は家族の好物で
しゅういちさんの陰膳2
あしたにつなぐ

●「あとみよそわか」に生きてきた
しゅういちさんの遺言
「あとみよそわか」
しゅういちさんのことば
しゅういちさんのイラストコレクション

●番外編
まちさな
しゅういちさんとまちさな1
しゅういちさんとまちさな2

tumblr

pagetop
×