スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

完訳・エリア随筆 Ⅰ

9784336057709

完訳・エリア随筆 Ⅰ

著者/チャールズ・ラム
訳者/南條竹則
出版社/国書刊行会
サイズ/300ページ19.5*13.5cm
発行(年月)/2014年5月

販売価格 ¥ 2,592(本体 ¥2,400)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

私は馬鹿が好きだ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、チャールズ・ラムの『エリア随筆』待望の新訳。

著者、チャールズ・ラム(Charles Lamb 1775-1834)は、ロンドン生まれ。1782年~1789年までクライスツ・ホスピタル校に在学、この時、詩人のコールリッジと親交を結ぶ。その後、東インド会社で30年以上会社員として勤務、恩給をもらって退職した。1796年、姉メアリが一時的な発狂の結果、ナイフで母親を刺殺。ラムは、その姉の面倒を見続け、生涯独身を通した。

45歳から書きはじめた『エリア随筆』は、ラムがエリアなる人物に仮託して綴ったエッセイ集。正・続全53編からある。古今東西のエッセイ文学における一大傑作との定評がある。本シリーズは、正篇・続篇の完訳を4分冊で刊行。詳細な注付き。本書はその第1巻。古いものに愛着し、古さそれ自体に至上の価値を見出す、うしろ向きの達人・ラムの面目躍如たる「休暇中のオックスフォード」ほか、全15編を収録。

<目次より>
南洋商会
休暇中のオックスフォード
三十五年前のクライスツ・ホスピタル校
人間の二種族
除夜
バトル婦人のホイストに関する意見
耳に関する一章
萬愚節
クエーカー宗徒の集会
学校教師今昔
ヴァレンタインの祭日
全からざる共感
魔女その他夜の恐怖
私の近親
ハーフォードシャーのマッカリー・エンド

tumblr

pagetop
×