スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

DRAWING FROM THE CITY (街の絵)

9789383145966

DRAWING FROM THE CITY (街の絵)

作/Tejubehan
出版社/Tarabooks
サイズ/32ページ 18*28.5cm

販売価格 ¥ 3,024(本体 ¥2,800)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

Why don't you try?

「わたしを街につれていって」 西インド・ラージャスターンの農村に暮らす、大道芸人一家の少女テージュ。都会に行くことを夢見ている。

 They say the poor have nowhere to go.
 I'm not sure.

願いは叶い、村から街に出てきたテージュ。少女の目に、都会やそこで暮らす人びとはどう映るのか。運命に翻弄されながらも、絵を描くことと出合い、精神の自由を手にいれるまでの半生が、みずみずしい感性で静かに語られる。

 I have been moving all my life, looking for ways to survive,
 but this is a new direction.
 My heart is full.

本書『DRAWING FROM THE CITY (街の絵)』 初版は2012年刊行、シルクスクリーン印刷でつくられた本だったが、2017年、本文をリソグラフ印刷、表紙はハンドメイドの普及版として再版された。大豆インク使用。

---------
<リソグラフとは>
リソグラフ は、プリントゴッコなどで知られる理想科学工業が1973年から販売している簡易印刷機。 謄写版メーカーだった理想科学工業の技術が生かされており、製版された原紙をドラムに巻きつけて単色で印刷する。印刷方式としてはシルクスクリーンなどと同じ孔版印刷に分類される。大型のコピー機のような見た目で、製版から印刷まで高速・低コストで行える。
欧米ではリソグラフ印刷でつくった絵本を刊行する出版社もあり、プロのグラフィックアートにも使われるなど人気が高い。日本では「レトロ印刷」とも呼ばれる。


“Take me to the city,” the young girl whispers to the train, as it passes her dusty village. Her name is Teju. She is now a middle-aged woman, a migrant worker-turned-artist, and in this book, she reflects on her incredible journey from poverty into the rich inner world of art. This book of richly detailed drawings, featuring Teju’s self-taught style of lines and dots celebrates the life of a gentle, spirited woman who continues to paint her way through difficult times.

This new edition of Drawing from the City is one of Tara’s new experiments with the Risograph, an eco-friendly printing system. Riso printing combines the technology of screen-printing and a photocopier machine, and uses organic, soy-based inks, resulting in a unique textural experience.

tumblr

pagetop
×