スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

ぼくと仕事、ぼくと子ども

9784798701646

ぼくと仕事、ぼくと子ども

著者/影山大祐
出版社/トランスビュー
サイズ/224ページ 19.5*12cm
発行(年月)/2018年2月

販売価格 ¥ 1,944(本体 ¥1,800)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

娘が生まれた日、僕はそんな気分だった

本書『ぼくと仕事、ぼくと子ども』には、10人の父親が登場する。年齢は30代~40代前半、直接的・間接的に、みな子どもに関わる仕事をしている。子育てマニュアルではない。イクメンになるための本でもない。

父親10人へのインタビューから浮かびあがるのは、父親と子どもが、大人と子どもが、一緒に生きてゆくということ。100人の父親がいたら、100通りの考え方、生き方がある。


大人って楽しいんだな、
父親って楽しいんだなっていうのが、
子どもに伝わればいいですね。
何かしら一生懸命やっている感じがでればね。


なるべく早く帰って家のことをしなきゃって思いは当然ある。
だけど、子どもができたからって
仕事が減るわけじゃない。
それに、頑張れば頑張るほど、
やれることも、やるべきことも増えますしね。


食べることって、
単純に身体をつくるっていうこともあるんですけど、
もっとこう、心を育むものでもある。
みんなで純粋に美味しいものを食べることもそうだし、
みんなで楽しい食卓を囲むとか、
食事をつくって誰かに喜んでもらえるとか。


子どもが一人で読めるようになったら、
本当に子どもが好きな絵本を選べばいい。
だけど、親と子どもが一緒に絵本を読むっていうのは、
広がりが生まれるもの。


子どもたちが自分で選択肢を増やしたって経験があると、
どんな場面でもいくつかの選択肢を
自分でつくれるんですよね。
何か困難にぶちあたった時に、
選択肢がないとつらいわけじゃないですか。
たとえば、逃げる、戦う、道具を出す、呪文を使う、とかね。


社会が肯定的で、まずは受けとめてくれて、
認めてもらえることがスタートであれば、
やる前から諦めてしまうことにはならないはず。


<目次より>
子どもとつくる物語  きくちちき/絵本作家
子どもと大人が共振できる場所  斎藤紘良/保育園園長
父と子の歩き方  火神政博/子ども靴デザイナー
家族の食卓  冨田ただすけ/料理研究家
自然な人に  長谷部雅一/アウトドアプロデューサー
父と子と絵本の関係  三輪丈太郎/子どもの本専門店
家族をど真ん中に  秋庭覚/農家
子どもたちが大好きな世界を  浦谷和生/プランナー
子どもたちの故郷  佐藤芳秋/大家
大人の背中、子どもの背中  野村亮太/ランドセル職人

tumblr

pagetop
×