スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

西南役伝説

9784062903714

西南役伝説

著者/石牟礼道子
出版社/講談社
サイズ/320ページ 15*10.5cm
発行(年月)/2018年3月

販売価格 ¥ 1,944(本体 ¥1,800)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

世の中がいかに変り申そうと

御一新から十年、下野した西郷隆盛のもとに集結した士族たちが決起した西南戦争。その戦場となった九州中南部で、当時の噂や風説を知る古老たちの生の声に耳を傾け、支配権力の伝える歴史からは見えてこない庶民のしたたかな眼差しと文化を浮き彫りにする。


ほほう。えらいな世の中になるもんぞ、
お月さま迄なあ、
お月さまも、世界のうちじゃろうて---。


人間の値打ちが、違うて来たごとあり申す。
あたいどもが想うとった通りに。
薩摩の殿さまの世と、天皇さまの世の中では、
何が違うて来たかとなあ。


あらあらと思う間じゃったが、
九十年は夢より早か。
どれだけ開くる世の中かわからん。


目に一丁字もない人間が、
この世をどう見ているか、それが大切である。
権威も肩書も地位もないただの人間が
この世の仕組みの最初のひとりであるから、と思えた。


名もなき庶民が語る、記憶としての西郷戦争。百年というスケールでこの国の「根」の在処を探った、『苦海浄土』へと連なる石牟礼文学の代表作。

- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『苦海浄土』 
『花びら供養』

tumblr

pagetop
×