スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

猪熊弦一郎のおもちゃ箱

9784096822654

猪熊弦一郎のおもちゃ箱

著者/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(監) 
出版社/小学館
サイズ/256ページ 22*15.5cm
発行(年月)/2018年2月

販売価格 ¥ 2,916(本体 ¥2,700)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

美術館には街の教会のような力がある

「いのくまさん」 香川ではそう呼ぶひとが多いという、画家・猪熊弦一郎さん。その名は知らずとも、三越の包装紙を目にしたことのあるひとは多いはず。「華ひらく」 と題された包装紙は、いのくまさんと「アンパンマン」の作者、やなせたかしさんのコラボレーションによるものです。

パリでマティスに師事し、藤田嗣治から「ちゃん」づけで呼ばれる仲だったいのくまさんは、多くのひとから愛される、自由な絵を描く、自由なひとでした。道端で拾ったゴミも、お菓子の包み紙も、彼の手にかかれば美しいオブジェに。常に二人三脚だったパートナーの文子さんをモデルに、たくさんの絵を描きました。描く対象はいつでも「自分の愛するもの」。90歳で亡くなるまでロックを聴きながら、明るく明るく生きました。

本書には、時代を追って紹介する愉しい作品の数々や、世界中で集めたビンや小物などのコレクションなど、見ているだけで明るい気持ちになる作品と、こころあたたまる物語が収められています。「美のわかる人を育てたい」 子どもたちに向けられた、いのくまさんの眼差しの優しさといったら! 長らく絶版だった 『画家のおもちゃ箱』 を再収録。美しい写真も多数掲載。いのくまさんの生き方に触れ、こころ晴れやかになる本です。


誰も彼も自分の仕事を
大事にしていれば
いゝ世の中は
自然につくられてゆくと思う。


ひとりひとりがリラックスして思い思いの時間を過ごし、
優れた芸術作品を自由に好きなだけ見ることで、
不思議と生き返ったような心持ちになれる。


子供の世界のなんと正直で、ホホエマシイことか。
私は出来上がった1枚1枚をとり上げて、
心から純な心にかえり、
きれいな笑いが次々にこみ上げてきた。

tumblr

pagetop
×