スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

きんじよ

9784909394057

きんじよ

著者/いしいしんじ
出版社/ミシマ社
サイズ/208ページ 18.5*13cm
発行(年月)/2018年5月

販売価格 ¥ 1,620(本体 ¥1,500)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

●本書を含め、「手売りブックス」は、2冊まで、同じ送料(185円)でご配送可能です。
●代引きでのお支払いの場合、また「手売りブックス」以外の本と複数冊以上でのご注文の場合は除きます。
●オンラインショップの手続き上、異なる金額の送料が表示されますが、後ほど、送料を訂正した金額を、メールにてお知らせいたします。お手数をおかけしますが、再度ご確認をお願いします。

【ミシマ社×スロウな本屋 西日本豪雨チャリティ対象書籍】

作家・いしいしんじさんと、息子ひとひ君の「きんじよ」には、ミシマ社をはじめ、いろんなお店があって、変な大人たちがいっぱい。川端丸太町の周辺だった「きんじよ」は、いつしか京都駅近くから北大路まで伸び、気づけば福岡もまた「きんじよ」になっていて・・・。

稀代の文章家・いしいしんじさんのエッセイ集。各章の扉の題字と地図は、ひとひ君の手書きによるもの。「きんじょ」とは、なんと愛おしい場所だろう。


ここの名物はシュークリームで、
注文をきいてから、シュー皮のなかに
クリームをぱんぱんに注入してくれたものを、
その場で食べられる。
ひとひもこのお菓子が大好きだったのだが、
こないだ動物園の帰りに寄ったら、
「すんませーん。シュークリームの、
クリームぬきで、おねがいしますぅ」
と、驚愕の注文をした。
「いや、ちょっとくらいいれてもろたら? 
半分くらい、みたいなリクエストもたぶんできるで」
と諭したのだが、かたくなに拒み、
ベンチでシュー皮だけをかじりつつ、
「アー、やっぱり、これにしといてよかったわー」
と満ち足りた顔を輝かせていた。

tumblr

pagetop
×