スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

原発とジャングル

9784794969989

原発とジャングル

著者/渡辺京二
出版社/晶文社
サイズ/244ページ 19.5*13.5cm
発行(年月)/2018年5月

販売価格 ¥ 1,944(本体 ¥1,800)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

宇宙の真っ只中にひきこまれてゆくのを感じた

原発に象徴されるのは現代の科学物質文明で、ジャングルに象徴されるのは物質文明に侵されていない民の生活。ジャングルの民は豊かではないが、共同体の信頼のもと朗らかに暮らしている。文明か未開か、進歩か後退か、という二元論ではなくて、便利さや科学の進歩を肯定しながら、真の仲間を作ることが可能か。近代の意味を様々な角度から考えてきた著者が、エヴェレット『ピダハン』、カルロ・レーヴィ『キリストはエボリに止まりぬ』、ハンナ・アーレント『人間の条件』など、さまざまな書物をひもときながら、近代の普遍的な問題を問う。

<目次より>
1
ジャングルと原発
原初的正義と国家
労働と交わり
荒野に泉湧く
私には友がいた!
虚無と向きあう
人情と覚悟
滅びぬ寺の姿

2
山脈の記憶
私の夢地図
私は何になりたかったか
未来が過去を変える

3
多重空間を生きる
『現実宿り』評釈
『現車』はどこが凄いか
創見と探索の書
草莽の哀れ
問題の「はかなさ」を知る人
橋川文三さんの思い出

tumblr

pagetop
×