スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

ふわふわ

9784884184612

ふわふわ

著者/谷川俊太郎・工藤直子
出版社/スイッチ・パブリッシング
サイズ/384ページ 19.5*13cm
発行(年月)/2018年6月

販売価格 ¥ 2,160(本体 ¥2,000)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料510円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

わたしって、わたしなんだ

谷川俊太郎と工藤直子。二人の詩人が、2001年から2017年にかけて行った5回の対談をまとめた対談集。ふわふわと自由に、わたしたちのこころの空を漂う二人のことば。二人はいつも何を考えているのだろう。どうすれば二人のような生き方ができるのだろう。人と生命と詩と死。優しく降り注ぐ恵みの雨のようなことばたち。


工藤:
四十のときには、死ぬことをいま考えたってしょうがないんだというところに無理やり着地したんだけど、それはどこか自分に言い聞かせるっていうか、理屈で恐怖をねじふせるようなところがあった。それが、八十歳近くなったら、なーんだ、そういうことか、って。どうでもよくなった、といってもいいかもしれない。(中略)谷川さんは、どうですか。自分の死はどうでもよくて・・・。

谷川:
どうでもいい、わけでもないですよね。多少怖さがあったりしていましたけれど、だんだん年齢を重ねるにつれて、いまのぼくは、好奇心ですね。死んだらどうなるか。一種の楽しみ。

工藤:
あ、そっち!・・・その瞬間については好奇心がある。でもそのあとについては・・・。

谷川:
あ、じゃ魂、信じてないんだ?


<目次より>
ちっちゃな「グー」 工藤直子
ナオコマンダラ 谷川俊太郎

対談Ⅰ「子ども・ことば・いのち」
 エッセイ ギンギラの光と影……工藤直子

対談Ⅱ「子どもの宇宙」
 エッセイ あや子ちゃん……谷川俊太郎

対談Ⅲ「大岡信のこと」
 エッセイ ニコニコ・グヮシグヮシ……工藤直子

対談Ⅳ「第一の他人」
 エッセイ 年輪……谷川俊太郎

対談Ⅴ「ふわふわが好き」

谷川さんへの詩三編 工藤直子

対談を終えて 谷川俊太郎

収録詩リスト

tumblr

pagetop
×