スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

生きがいについて

9784622081814

生きがいについて

著者/神谷美恵子
出版社/みすず書房
サイズ/360ページ 19*13cm
発行(年月)/2004年10月

販売価格 ¥ 1,760(本体 ¥1,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料520円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

ほんとうに生きている、と感じるには

「いったい私たちの毎日の生活を生きるかいあるように感じさせているものは何であろうか。ひとたび生きがいをうしなったら、どんなふうにしてまた新しい生きがいを見いだすのだろうか」

神谷美恵子は、つねに苦しむひと、悲しむひとのそばにあろうとした。本書は、ひとが生きていくことへの深いいとおしみと、たゆみない思索に支えられた、まさに生きた思想の結晶。1966年の初版以来、多くのひとを慰め、力づけてきた永遠の名著。

<目次より>
1 生きがいということば

2 生きがいを感じる心
感情としての生きがい感/認識としての生きがい感/使命感

3 生きがいを求める心
生存充実感への欲求/変化への欲求/未来性への欲求/反響への欲求/自由への欲求/自己実現への欲求/意味と価値への欲求

4 生きがいの対象
生きがいの特徴/生きがいのつくる心の世界/生きがいと情熱/生きがいのさまざま

5 生きがいをうばい去るもの
生存の根底にあるもの/運命というもの/難病にかかること/愛する者に死なれること/人生への夢がこわれること/罪を犯したこと/死と直面すること

6 生きがい喪失者の心の世界
破局感と足場の喪失/価値体系の崩壊/疎外と孤独/無意味感と絶望/否定意識/肉体との関係/自己との関係/不安苦しみ/悲しみ/苦悩の意味

7 新しい生きがいを求めて
自殺をふみとどまらせるもの/運命への反抗から受容へ/悲しみとの融和/過去との対決/死との融和/価値体系の変革/はじき出されたひとの行方

8 新しい生きがいの発見
生存目標の変化の様式/同じ形での代償/変形/置きかえ/心の構造の変化/ひろがりの変化/心の奥行の変化

9 精神的な生きがい
認識と思索のよろこび/審美と創造のよろこび/愛のよろこび/宗教的なよろこび/代償としての宗教/積極的な生きがいとしての宗教

10 心の世界の変革
変革体験について/自然との融合体験/宗教的変革体験/変革体験の特徴/変革体験の意味

11 現世へのもどりかた
もどりかたのさまざま/のこされた問題

tumblr

pagetop
×