スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

本を贈る

9784990811631

本を贈る

著者/若松英輔 / 島田潤一郎 / 牟田都子 / 矢萩多聞 / 橋本亮二 / 笠井瑠美子ほか
出版社/三輪舎
サイズ/304ページ 19.5*13.5cm
発行(年月)/2018年9月

販売価格 ¥ 1,944(本体 ¥1,800)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料510円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

私たちは言葉を贈ることもできる

本は「商品」として工業的に生産、流通、消費されている。しかし、それは同時に、宛先のある「贈りもの」でもある。作家、編集者、装丁家、校正者、取次、本屋まで、「贈る」ように本をつくり、本を届ける10人の手による小論集。1冊の本の向こう側に、たくさんのひとの、たくさんの想いがある。


 ぼくらは生活のなかで多くのものに囲まれながら、
 それらをつくった人がいること、
 彼らがどんな風に働き、暮らし、
 何を見て、考えているのか知らない。
 何に悲しんでいるのかを知らない。


 「ほんとうはこう書きたかった」という形は
 著者の頭の中にたしかにあるはずなのに、
 ゲラがそれに追いついていないように見える。
 そんなときにどうすれば
 著者の頭の中にある形のことばに近づけられるのかと、
 想像力をふりしぼるのが校正なのではないか。
 その行為は「読む」というよりも、
 まだ形になっていないことばに
 「耳をすます」というほうが近い気がするのです。


 一点一点の本を丁寧に届けていくことが営業の仕事。
 ややもすると右から左へと効率的に
 モノや情報を流すのがよしとされる時代にこそ、
 自分の手を動かして作り上げていく感覚は
 常に持ち合わせていたいのです。


<目次より>
本は読者のもの / 島田潤一郎(編集者)
女神はあなたを見ている / 矢萩多聞(装丁家)
縁の下で / 牟田都子(校正者)
心 刷 / 藤原隆充(印刷)
本は特別なものじゃない / 笠井瑠美子(製本)
気楽な裏方仕事 / 川人寧幸 (取次)
出版社の営業職であること / 橋本亮二 (営業)
読者からの贈りもの / 久禮亮太 (書店員)
移動する本屋 / 三田修平(本屋)
眠れる一冊の本 / 若松英輔 (批評家)

tumblr

pagetop
×