スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

みの日記

9784860676933

みの日記

著者/服部みれい
出版社/地球丸
サイズ/176ページ 21*15cm
発行(年月)/2019年2月

販売価格 ¥ 1,404(本体 ¥1,300)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

からだが楽だと、こころの受容性が高まる

編集者・服部みれいさん。あたらしい暮らしをするために、東京から岐阜県美濃市に会社ごと引っ越しをしたら、仕事も家族も楽しくなった! 本書『みの日記』は、雑誌『天然生活』での約2年間の連載をまとめた、リアルな移住記録である。

美濃での生活や仕事のこと、地域との関わりからみえてきた暮らしの変化などが、手紙を書くように綴られる。みれいさんの冷えとり健康法を取り入れた暮らしや、いつも元気でいるための新しい健康習慣など、すこやかな暮らしのためのアイデアも収録。「都市」「田舎」を超える、第3のあたらしい暮らしを求めるみれいさんの日々の記録は、今の暮らしを見つめ直したいひとに、たくさんのヒントをくれる。


  「仕事とあそびと暮らしはイコールで結ばれ、
  すべてが混然一体となりつつある」


  「消費ではなく生産する暮らし。
  モノや人頼りではなく、自分頼りに生きる暮らし。
  自分に嘘をつかない、
  自分を人を本当の意味で尊敬し、愛する暮らし。
  あるがままの本来の自分で居続ける暮らし。
  心底リラックスできる暮らし。
  そんな暮らしの鍵は、
  いつだって、わたしたちの手の中にある」
  本文より
  

<目次より>

はじめににかえて
全部がつながりをもっていきいきと躍動している

●2016年
みのむし生活をもとめて

「みのむし」になるべく美濃に来ました

美濃にいるとからだが楽! なわけ

なんだか壮大な気づきとちいさな畑をはじめた話

オイサーオイサー! 美濃まつりの話

好きよ、赤玉 喫茶店よ永遠なれ!

つばめの家族 吉岡家とのある初夏の交流

美濃の方言で話すということは

そうそう、これこれ 家仕事と時間の話

美濃に来てよかったこと 日々の暮らし編 \お金要らず 人とたのしく/

肉体とたましいと半分半分の時の話

コラム 1 
冷えとりが暮らしの中心


●2017年
ディープ! 岐阜

「本当の休日」とつめたい部屋の話 おばあさんは錬金術師(アルケミスト)!

どんどん簡素化されている田舎の風習の話

おばあちゃんの味が蘇った! はじめてのお茶づくり

えーっ、川に入れば治る!? 自然に浸って治癒する話

ディープ岐阜! この夏の盆踊りレポート

美濃で感じる子どものこと、子育ての秘密

移住して何か余裕ができて安心しているかもの巻

本当の最先端、あたらしい暮らしを求めて

「都市を滅ぼせ」中島正さんとの出合い

岐阜や美濃の人の気質について考えてみた


●2018年
自然と関わり、元気に暮らす

たのしいこともDIY

土星と天王星 田舎と都市


コラム 2 
いつも元気でいるための新しい健康習慣

対談
リボーン洞戸 船戸崇史院長×服部みれい
自然の中で暮らす豊かさと、「本来の自分」で生きることの素晴らしさ

tumblr

pagetop
×