スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

今西錦司 生物レベルでの思考

9784582531695

今西錦司 生物レベルでの思考

著者/今西錦司
出版社/平凡社
サイズ/224ページ 18*11.5cm
発行(年月)/2019年2月

販売価格 ¥ 1,512(本体 ¥1,400)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

人間もまた自然である

知と文芸を横断するSTANDARD BOOKSシリーズ、第3期刊行開始。独特の生態学で知られ、日本の霊長類研究を切り拓いた知の巨人・今西錦司。「進化は実験室の外なる自然で行われてきた」 山、自然、生き物を愛した今西錦司の自然観、探検、宗教観までを綴る。

  「人間だけが直感という能力を鈍らせても、
  それで未来を生き抜いていけるだけの自信が、
  はたしてどこにあるのだろうか。
  すでにいろいろな危機の到来が叫ばれているけれども、
  もとをただせば、それは人類がこの直感ということを、
  軽視しだしたことによるのではなかろうか」


  「好きなことを求めてこれを実現さすまでには、
  人一倍の忍耐も努力も必要だということを
  知るひとはすくない。
  学問はもとより、探検しかり、山またしかりである。
  よくぞ好きなことばかりしてきたものだ。
  あとにはなんの悔いものこっていない」


<目次より>
直観と自然
曼珠沙華
虫の音
暑さを忘れる
*
わが道
カゲロウの四季
相似と相異
私の自然観
*
山の大きさ
探検十話
鰹節
*
進化史からみたオスの明暗
生物レベルでの思考
宗教について
好ききらい

tumblr

pagetop
×