スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

街場の平成論

9784794970374

街場の平成論

著者/内田樹(編著)
出版社/晶文社
サイズ/260ページ 18.5*12.5cm
発行(年月)/2019年3月

販売価格 ¥ 1,728(本体 ¥1,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

どうしてこんな時代になったのか?

平成の30年は、日本の国運が「隆盛」から「衰退」へと切り替わる転換期だった。なぜ30年前に期待されていた「あのこと」は起こらずに、起きなくてもよかった「このこと」ばかり現実になったのか? 平成という時代の終わりに向けて、この間に生まれた絶望の面と希望の面を、 政治・社会・宗教・自然科学など、「丈夫な頭」を持つ9名の論者による、平成30年を大総括するアンソロジー。


  「元号が変わることよりよっぽど日本を変え得るのは、
  ガール・パワーだ。
  そして世界もきっと、それを見ている」  ブレイディみかこ


  「わたしたちが金で買った『個人』から、
  本当の意味での『個人』へと脱皮し、
  経済合理性という物差しとは別の物差しを
  手にする以外にはないように思える」  平川克美


<目次より>
まえがき ――内田樹

戦後史五段階区分説 ――内田樹

紆余曲折の日韓平成史 ――平田オリザ

シスターフッドと原初の怒り ――ブレイディみかこ

ポスト・ヒストリーとしての平成時代 ――白井聡

「消費者」主権国家まで ――平川克美

個人から「群れ」へと進化した日本人 ――小田嶋隆

生命科学の未来は予測できたか? ――仲野徹

平成期の宗教問題 ――釈徹宗

小さな肯定 ――鷲田清一

tumblr

pagetop
×