スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

不肖の娘でも

CH016-001

不肖の娘でも

著者/井川直子
出版社/リトルドロップス
サイズ/154ページ 21*14.5cm
発行(年月)/2019年4月

販売価格 ¥ 2,160(本体 ¥2,000)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

人は、最後に何が残るのだろう

  「母の話を書きました。
  秋田で暮らす母は、九年前に認知症と診断されています。
  私は東京で自分の家族と仕事を持ち、介護はしておりません。
  母に対してうしろめたさのある、不肖の娘です。」


フリーライター・井川直子さん。料理人、生産者など「食」や「飲」まわりのひとびとを丁寧に追い、『danchu』など雑誌での連載や、『昭和の店に惹かれる理由』、『シェフを「つづける」ということ」などの著書で知られます。そんな井川さんが、私家版で出すことを決めたのが、本書『不肖の娘でも』。


  「気がつけば、父母のために綴った言葉で、
  自分自身が救われていました。
  これは介護記ではありません。
  ただ、ただ書いてしまったもので、
  書き上がったこの文章が何なのか、
  自分でも未だにわかりません。
  ごく私的な文章を世に出すことにも迷いがありました。
  ですが、もしもこの小さな話が、
  世の娘や息子たちの息継ぎのようになれたなら。
  そう願って、小さくつくり、小さく売ります。」


<目次より>
一  夏雲
二  友だち
三  いち日ひと笑い
四  役に立たない娘
五  白い鳥
六  営みの料理
七  あなたにしかできないこと
八  おやつ
九  生きてきた場所
十  最後に残るもの

- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『昭和の店に惹かれる理由』 

tumblr

pagetop
×