スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

間違いだらけの文章教室

9784022619624

間違いだらけの文章教室

著者/高橋源一郎
出版社/朝日新聞出版
サイズ/328ページ 15*10.5cm
発行(年月)/2019年4月

販売価格 ¥ 734(本体 ¥680)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

文章は、なんのためにあるのだろう

「文章」の書き方は、自分の好きな「文章」が教えてくれる。だからまずは自分の好きな「文章」を見つけよう。タカハシさんが好きなのは、明治生まれの貧しい農夫木村センの文章や、免疫学者・多田富雄、スティーブ・ジョブズの驚異のプレゼンなど。タカハシさんはそれらの、どこが好きなのか? どうすれば、こんな「名文以上の名文」が書けるようになるのか?

本書は、専門家やエライ人以外の、みんなのための文章教室。2013年刊行『ぼくらの文章教室』を改題。文庫化に際して、「補講 二〇一八年の秋に学生たちが『吉里吉里国憲法』を書く」を増補。


<目次より>
1 文章は誰のものか? それは、ぼくたちのものだ
2 都会の雑踏を文章と一緒に歩いてみよう
3 おじいちゃんが教えてくれる
4 こんなの書けない!
5 スティーブ・ジョブズの驚異の「文章」
6 「ない」ものについて書いてはいけない
 「ある」ものについて書かなきゃならない
7 誰でも知っているもの、誰でも関係のあるもの、誰でも必要としているもの、必要としているどころか、それがなければ生きていけないもの、なのに、あまり、「文章」にされることのないもの
8 ぼくたち自身の「物語」
9 二〇一二年の夏に、学生たちと

補講 二〇一八年の秋に学生たちが「吉里吉里国憲法」を書く

tumblr

pagetop
×