スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

きせつ|絵本

  • ぐりとぐらのおきゃくさま

    ぐりとぐらのおきゃくさま

    作/なかがわりえこ
    絵/やまわきゆりこ

    972 円(税込)

    雪の上に大きな足跡を見つけた、ぐりとぐら。いったい誰の足跡? 追跡すると、足跡は森をぬけ、原っぱを通り、なんと、ぐりとぐらの家まで続いていました!

    ドアを開けると、玄関に大きな長靴、壁に真っ赤なオーバーと白いマフラー、そして赤い帽子がかかっています。誰かいるの? その時、台所からいい匂いがして・・・!?

  • しめかざり

    しめかざり

    作/森須磨子

    1,404 円(税込)

    お正月に飾られる「しめかざり」。日本全国には鶴や亀、蛇、馬、柄杓や俵など、驚くほどさまざまな形のしめかざりがあります。それぞれの形に込められた人々の想いとは?

  • 十二支のお節料理

    十二支のお節料理

    作/川端誠

    1,404 円(税込)

    年の神様は、十二の動物たちを集めて、お節料理の準備を命じました。

  • 十二支のはじまり

    十二支のはじまり

    作/長谷川摂子
    絵/山口マオ

    820 円(税込)

    ある年の暮れ、神様は動物たちにおふれを出しました。

     一がつ ついたちの あさ、 
     わたしの やしきのまえに あつまれ。
     はやく きたものから
     じゅんばんに、いちねんずつ としを やる

  • リスとはじめてのゆき

    リスとはじめてのゆき

    作/ゼバスティアン・メッシェンモーザー

    1,944 円(税込)

    冬のあいだ、ずっと眠っているリスとハリネズミとクマは、雪を見たことがありません。 雪って、白くて、しめっぽくて、つめたくて、やわらかいものらしい…。

  • もりのてぶくろ

    もりのてぶくろ

    作/八百板洋子
    絵/ナターリヤ・チャルーシナ

    972 円(税込)

    静かな森に、大きくてきれいな黄色の葉っぱが、落ちていました。まるでてぶくろのような形の葉っぱ。動物たちがやってきて、きれいな葉っぱにそっと手をあててみます。「ぼくのてより ずっと おおきいや」とねずみ。うさぎは、「わたしのてより おおきいわ」。キツネ、くまもやってきました。そして最後に・・・!?

  • かえでがおか農場のいちねん

    かえでがおか農場のいちねん

    作/アリス・プロベンセン/マーティン・プロベンセン

    1,944 円(税込)

    農場で動物たちに囲まれて暮らす、プロベンセン夫婦。1月から12月まで、農場での12ヶ月の移り変わりを丁寧に描く絵本。

  • くんちゃんのだいりょこう

    くんちゃんのだいりょこう

    作/ドロシー・マリノ

    1,080 円(税込)

    やんちゃな子グマのくんちゃんは、渡り鳥のまねをして南の国へ行きたいと思いました。丘を走って登っていく、くんちゃん。でも、支度が大変! 双眼鏡、麦わらぼうし、水筒に釣り竿・・・。忘れ物をしては、丘を駆け戻り、また登ってを繰り返すくんちゃんですが・・・!?

  • おおきなおおきなおいも

    おおきなおおきなおいも

    作/赤羽末吉

    1,296 円(税込)

    朝から雨。愉しみにしていたいもほりが延期になり、残念がる園児たち。
    「せんせい おいも かくから かみ ちょうだい」 
    子どもたちは、えっさか、ほっさか、大きな紙を何枚もつなげて、大きな大きなおいもの絵を描きはじめます。どんどん、どんどん、大きくなるおいもに、先生も腰を抜かすほど。

  • やきいもするぞ

    やきいもするぞ

    作/おくはらゆめ

    1,512 円(税込)

    森は落ち葉だらけで、畑はおいもだらけ。こうなったらしょうがない!? 動物たちは決めました。「やきいも するぞ エイエイオー!」
    みんなで協力して、夢中になって焼き芋の準備。イノシシが焼き具合を調べたら、みんなでお腹いっぱい食べました。食後はもちろん、「おなら大会」のはじまりです。

  • かぜフーホッホ + もりのてぶくろ(2冊セット)

    かぜフーホッホ + もりのてぶくろ(2冊セット)

    作/①三宮麻由子 ②八百板洋子
    絵/①斉藤俊行 ②ナターリヤ・チャルーシナ

    1,944 円(税込)

    幼児絵本ふしぎなたねシリーズより、深まる秋を感じる2冊。

    ①『かぜフーホッホ』
    洗濯物のシーツが風に鳴る、ブオッファ、ブオッファ。ドウワー、ドウワーと木が揺れて、大きなはっぱは、トパタパテパ。風に揺れる竹に耳をあてると、ヒュホー、ゴガン、コーン。あ、ふいに風が止んだら、小鳥の声が聞こえたよ。

  • もりのかくれんぼう

    もりのかくれんぼう

    作/末吉暁子
    絵/林明子

    1,080 円(税込)

    お兄ちゃんとの帰り道、近道しようとけいこが生垣をくぐったたら、そこは見知らぬ森でした。ちょっぴり心細くなったけいこの前にあらわれたのは、木の枝みたいな男の子。「おいらの なまえは もりの かくれんぼう」

  • はじまりのはな

    はじまりのはな

    作/マイケル・J・ローゼン
    絵/ソーニャ・ダノウスキ

    1,620 円(税込)

    渡り鳥のローザは、自分のほっぺたと同じ色をした“ほっぺのはな”が、大好き。秋になり、旅立つ時が来ても、“ほっぺのはな”の種を手放さない。そのまま飛び立ったローザは、種が重くてうまく飛べず、渡りの途中で川に落ち、仲間とはぐれてしまう。

  • 魔女図鑑

    魔女図鑑

    作/マルカム・バード

    2,440 円(税込)

    魔女について知りたい? 魔女はどんな家に住んでいて、何を食べ、どんなおしゃれをしているのでしょう? 庭仕事だってお手のもの。料理も得意です。みみずスープ(みみずの代わりにパスタでも!)、毒きのこパイ、ほこり入りクッキー(ほこりの代わりに生姜でも!)・・・あやしいレシピの数々や、魔女の大好きなお祭り、ハロウィンパーティーの小物の作り方も伝授。

  • アイスクリームが溶けてしまう前に

    アイスクリームが溶けてしまう前に

    作/小沢健二と日米恐怖学会

    1,512 円(税込)

    ハロウィーンでは、子どもたちが
    「お菓子をくれないと、いたずらするぞ!
    ("Trick or treat!"
    アメリカ式の発音では「チュリッカ・チュリー!」)
    と言ってお菓子をもらう。
    それはなんでか、知っている?

tumblr

pagetop
×